サマージャンボ宝くじ 100枚に1枚当たる5等当てる方法とは

NEWSポストセブン / 2012年7月16日 7時1分

 ついに7月9日から発売開始したサマージャンボ。夢はもちろん1等前後賞の5億円だが、5等3000円も狙ってみてはいかがだろうか。

 5等は、下2ケタの数字が抽せんされ、100枚に1枚の確率で当たる。末等(300円)に次いで当たりやすく、連番で10枚(3000円分)買ったときに当たれば、当せん金は末等と5等とあわせて3300円。「300円プラス」になるのだ。

 この5等を狙えば、プラスになりやすい買い方ができる。仮に5等の当せん番号が「29」だった場合を考えてみよう。

 通常の買い方では、30枚(9000円分)を連番で購入すると、5等は当たっても1枚。例えば下2ケタが「01」から「30」までの連番で購入すると、当せん金は3000円となり、プラスにはならない。

 しかし、5等を狙う買い方では、「十の位」をすべて同じ数字にする。例えば、「20」~「29」までの10枚を3組購入していれば、5等「29」は3本当せん。当せん金は9000円で、末等をあわせればプラスになるのだ。

「たまには宝くじで勝ってみたい」という人は、ぜひチャレンジをしてみては。

※女性セブン2012年7月26日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング