老眼 目いい人なりやすい?回復方法は?100均老眼鏡はOK?

NEWSポストセブン / 2012年7月16日 7時0分

 40代以降、誰にでも徐々に症状が表れ始める“老眼”。最初は気がつきにくく、違和感を我慢して目を酷使してしまいがち。そこで、まずは老眼のギモンを解決してくれたのは井上眼科病院の院長・井上賢治さんと「メガネスーパー アイステージ有楽町店」の宮坂豊美さんだ。

Q:どんな人でも老眼になるの?

A :40代前半から、誰でも近くが見えづらくなります。
「水晶体の厚みを変える目の調節力は、実は10代から徐々に衰えていっています。近くを見るのに影響が出始めるのは40 ~45才ころ。進行具合にやや個人差はありますが、誰にでも起こる現象です」(井上さん)

Q:目のいい人は老眼が早いってホント?

A:気づくのが早いだけで平等に進行しています。
「目が悪い近視の人は、もともと近くにピントを合わせやすいので、遠視の人に比べて老眼を感じるのが遅いだけ。近視の人も遠視の人も平等に老眼は進んでいます」(井上さん)

Q:老眼を回復させる方法はある?

A:目の老化現象なので自力で回復させるのは難しい。
「老眼は水晶体が硬くなっていく老化現象なので、目を動かすトレーニングなどで回復するのは、医学的には難しい。水晶体を支える毛様体筋も、筋トレのように鍛えることはできません」(井上さん)

Q:100円ショップの老眼鏡でもいい?

A:自分の目に合った老眼鏡を作りましょう。
「100円ショップなどで売っている老眼鏡は、年齢を目安にした度数になってはいますが、近視や遠視、乱視など、その人に合った細かい視力調節まではできません。合わない眼鏡を使っていると、眼精疲労の原因にもなります」(宮坂さん)

※女性セブン2012年7月26日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング