成長を遅らせることで高度な脳機能をより発達させるとの分析

NEWSポストセブン / 2012年7月23日 7時2分

 親にとって気になる子供の成長。しかし、人類進化や脳科学からみれば成長速度が早ければいいというものでもないという。『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)でおなじみの脳科学者・澤口俊之氏が、脳の成長をテーマに解説する。

 * * *
 子供の成長の早さは、どんな親にとっても気になるものです。小児科学や発達心理学でも「成長の目安」があり、最初に歩く年齢(月齢)や最初に言葉を発する年齢(月齢)などがタイムテーブル化されています。そして、このタイムテーブルよりも発達が遅いと、「問題があるかもしれない」と考えられる場合があります。

 ですが実は、人類進化や脳科学からみれば「子供の成長は、早ければいい!」というワケではありません。そもそも、人類の成長速度は遅くなる方向に進化してきたのです。人類に近縁な化石人類・ネアンデルタールと比べても、現生人類の成長速度は遅くなっています。

 ネアンデルタールと現生人類の遺伝子の違いはわずか0.5%でしかありませんが、成長速度は、彼らのほうが私たち現生人類よりも1.5倍も早かったというデータがあります。

 また、彼らは言葉や芸術(絵画)を駆使し、道具も使用していたため、かなり知能が高かったといえます。ところが、彼らは2万~3万年前に絶滅してしまいました。ネアンデルタールよりも学習能力や知能が高かった現生人類に、生存競争で負けてしまったのです。

 この観点からみると、現生人類においても、むしろ成長速度が遅いほうがより優れた能力を発揮するようになるという推論が成り立ちます。脳レベルでも、進化的に新しくて高度な働きをする脳領域(特に前頭前野、後部頭頂野、側頭野)の成長は遅いことがわかっています。前頭前野が成熟するのは25才ごろです。つまり、現生人類は、成長を遅くさせることで高度な脳機能をより発達させるように進化してきたといえるのです。

※女性セブン2012年8月2日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング