水虫男 足首だけの靴下履くニセ石田純一スタイルで水虫克服

NEWSポストセブン / 2012年7月29日 7時0分

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せられたのは、ご主人(51歳)が製薬会社勤務の奥様(47歳)。ご主人は毎夏、水虫に悩んでいるそうです。

 * * *
「この夏は石田純一を見習い、靴下を履かない。靴の中を少しでもクールにするんだ」と主人。「でも、靴下を履かずに出勤って変よ」と指摘すると、「外から見て履いているように見えればいいだろ?」と、靴下の足の部分を切り取り、足首の部分だけ残しました。確かに、靴を履くと靴下も履いているように見えます。それからというもの、「快適だよ!」と、毎日ご機嫌で帰宅する主人。水虫も大丈夫なようです。

 ところが、週末、会社帰りの主人と待ち合わせて食事に行こうとした時のこと。「よっ、お揃いでデートかな?」と声をかけてきたのは主人の上司で、私たちの仲人でもある常務です。「私は今、足つぼマッサージに凝っていて、これから寄るところなんだよ。すぐ近くだからキミたちもやってもらったほうがいいよ」上司のいうことだから逆らえません。

「さぁ、キミからやってもらいなさい」
「あのー、常務、トイレで靴下を脱いできますんで」
「大丈夫。初心者は靴下を履いたままのほうが、痛くなくていいんだ」

 渋々、靴を脱ぐ主人。現われたのは足首だけに巻かれた靴下です。「キ、キミはそんな格好で会社に来てるのか!」「す、すみません!」米つきバッタのように頭を下げる主人。妻として助けてあげたいけど、どうにもなりません。靴下だけに、あし(足)からず!

※週刊ポスト2012年8月3日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング