東京駅前「1000人の打ち水で気温1.4℃低下」を実体験ルポ

NEWSポストセブン / 2012年7月29日 16時0分

写真

打ち水で気温下がった

 日本ってこんな国だったっけ、と思ってしまうような連日の暑さ。それでも、先人に学ぶところはある。作家で五感生活研究所の山下柚実氏が「大都会で打ち水」体験をレポートする。

* * *
 大震災と原発事故を経て、原発再稼働問題を抱えた今年の猛暑。日本全国で「節電方法」にこれほど注目が集まったのは、史上初めてでは。

 では、1000人の人間がずらりと揃って、日本で一番エネルギーを使う場所、東京駅の前で水を撒いたらいったいどうなる? まち丸ごとの大実験が実施されると聞いて、さっそく現場へ。

 7月27日は猛暑日。東京駅前の丸の内・大手町・有楽町に広がる「大丸有」エリアの温度計も、昼間は35度近くまで上昇しました。夕方、東京駅前と皇居をつなぐ巨大な目抜き通り「行幸通り」に浴衣姿の老若男女が続々と集まってきました。

 1000名近くの人による打ち水大作戦「行幸通り浴衣de打ち水」(主催 大手町・丸の内・有楽町 打ち水プロジェクト実行委員会)の始まりです。

 日本の古来の生活の知恵「打ち水」。道や庭先などに水を撒いて温度を下げる、究極のアナログ節電法。古風などと、ナメてはいけません。水しぶきが涼しげ、といった精神的な効果にとどまらず、水が蒸発する際に大気中の熱を奪う効果で体感温度が「1.5~2度」くらい下がる、という科学的裏付けもあるとか。

 本当かいな?

 この猛暑日、コンクリートジャングル東京のど真ん中で、もし「2度」も下がったらかなり爽快なはず。でもこればかりは、説明を聞いただけではピンとこない。この身体で実感してみなければ、わかんない。

 午後5時半を回った頃、いよいよ「打ち水」が始まりました。

 ずらりと並んだ浴衣の人々が、ひしゃくを手にとり水を撒く。飛沫が飛び散り、歓声があがる。昼間の灼熱の太陽に暖められた大都会は、みるみるうちに濡れていき、その上をさあっと夕方の風がぬけると……。

 すっと爽やかな空気が生まれました。

 籠もっていた都会の熱が、どんどん奪い去られていく。あー気持ちいい。主催者の測定では、打ち水前に「31.6℃」あった温度が、打ち水後は「30.2℃」に変化。たしかに「1.4℃低下した」結果が出たのでした。

「打ち水は、五感を使って温度の変化を察知する『感測』なんです」とウェザーニュースお天気キャスターの澤田南さん。

「私の出身地ニューヨークでは聞いたことのない方法だけど、すばらしい知恵デスネー」と、丸の内の外資系企業に勤める黒人女性。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング