網膜中心静脈閉塞症 視力0.1以下になり放置すると回復難しい

NEWSポストセブン / 2012年8月2日 16時0分

 網膜は眼球の内側に張り巡らされた厚さ0.1~0.4ミリの10層の膜で、光や色の光情報を電気信号に変え、視神経を通して脳へ伝える働きをしている。網膜への血流は視神経内に動脈や静脈が通り供給されている。

 一番太い網膜静脈が詰まり血液が流れなくなるのが網膜中心静脈閉塞症(CRVO)だ。症状は片目がかすんで見えにくくなるが、中心(黄斑部)から離れている静脈が詰まる分枝閉塞では、視力低下やかすみに本人が気づかず健康診断で発見されることも多い。

 杏林大学医学部附属病院アイセンターの井上真准教授に話を聞いた。

「CRVOは若い女性に多い炎症で起こるタイプと、高血圧の中高年に多いタイプがあります。中高年のタイプは高血圧や動脈硬化など生活習慣病を併発していることが多く、虚血がひどく視力が回復しにくい傾向があります」

 診断は眼底検査で出血の有無を見る。網膜中心静脈が詰まると網膜のすべての静脈血が眼球外に流れ出ないため毛細血管から網膜全体に出血する。血液成分が漏れ出し浮腫も起こる。物を見る9割以上の機能を担うといわれる網膜中心の黄斑部に出血や浮腫があると視力が急に低下する。閉塞の程度が軽症である非虚血型は症状も軽く、症例によっては自然治癒もある。完全に閉塞する虚血型は、視力が0.1以下となり、一度視力が低下すると回復が難しい。

 全身的に動脈硬化があり、血栓を起こしやすく血圧が高い人は50歳以上で発症リスクが高まる。ストレスを避けることが予防の第一だ。早期発見が重要なので、ときおり片目で見て、視野がかすんだり物が見にくい場合は専門医の受診が欠かせない。

(取材・構成/岩城レイ子)

※週刊ポスト2012年8月10日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング