元グラドル・河中あいが語る「アパ離婚」と「シンママ生活」

NEWSポストセブン / 2019年4月8日 7時0分

元夫・袴田吉彦との「アパ離婚」について赤裸々に語った河中あい

 最近再び世を騒がせた「アパ不倫」の元祖である俳優・袴田吉彦(45)の不倫が報じられたのは2017年1月。その8か月後、元グラビアアイドルで妻の河中あい(34)は自身のブログで離婚を発表した。幼い娘を抱えた彼女は、夫の不倫騒動の風圧にどのように耐えたのか。そしてシングルマザーとしてどのように子育てに向きあっているのか。離婚から1年半を経て、メディアのインタビューに初めて語った。

 * * *

「去年、離婚して初めて迎えた母の日に、娘から小学校で作った小物入れをもらったのですが、父の日にもまたプレゼントをもらったんです。私が好きなタピオカミルクティーの絵を描いたカードに、『いつもおいしいごはんをありがとう』と書いてあって。思わず涙があふれてしまいました。女の子だからか、よく『一緒に料理したい』と言ってくれて、コロッケのタネをこねたりして手伝ってくれます」

 2004年デビューの河中あいは、山崎真実や川村ゆきえ、佐野夏芽、夏目理緒、小阪由佳など同世代のグラビアアイドルとともに2000年代中盤~後半の雑誌グラビアを彩った一人として知られる。さらなる活躍が期待されていた2010年8月、25歳の時に俳優の袴田吉彦との結婚を発表。翌年2月に女児を出産した。その後は専業主婦として育児・家事に追われ、グラドルとしての活動は休止状態となった。

「ちょうどAKB48などグループアイドルの方々がグラビアを席巻し始めた頃で、同期のグラドルたちは『仕事がない』といつもぼやいていました(笑)。正直、『いい時期にやめたな』と思いましたよ。いつしか雑誌のグラビアを見ることもなくなりました」

 一人娘がすこやかに成長し、幼稚園の卒園を控えた2017年1月、週刊誌が夫の不倫スキャンダルを報じた。当時30歳のグラビアアイドルが袴田と約10回ホテルで逢瀬を重ね、そのうち7回はアパホテルだったと告白。袴田がメンバーズカードでポイントを貯めるヘビーユーザーだったことも暴露し、「アパホテル不倫」としてワイドショーも大きく取り上げた。夫婦はすでに別居中ではあったが、関係修復に向かって歩み始めた最中だった。

「週刊誌が発売になる3日前に彼から電話がかかってきました。娘が熱を出して幼稚園を休んだ日の夜だったんです。自転車で病院に連れて行ったりして、やっと家に帰って娘を寝かしつけた直後でした。『謝らなきゃいけないことがある』ってLINEが入ったので、事故を起こしたのかなと思って急いでかけ直したら……。最初に聞いた時は疲れていたからか実感がなかったんですが、発売日の朝テレビをつけたらもう情報番組でやっていて、『大変なことになったかも』と事の重大さに気がつきました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング