夏のビーチに持って行っても大丈夫な傷みにくいお弁当レシピ

NEWSポストセブン / 2012年8月4日 16時0分

写真

夏にオススメ漬け物寿司

 女性セブン本誌で好評連載していたマンガ『澤飯家のごはんは息子の光がつくっている。』のレシピや、毎日の料理をよりおいしくするヒントを紹介します。

 * * *
 夏休みに家族そろって海水浴に出掛けた澤飯家。もちろん、光お手製のお弁当持参。行楽にお弁当は必須ですが、気温も高く、日差しも強いビーチに持っていく場合はちょっと危険。ごはんもおかずも傷みやすいので、いつも以上の注意が必要になります。傷まない食材選びを心がけて。生ものを避けてしっかり調理するだけでなく、傷み防止の保冷剤利用も賢い方法です。

 そんな夏の行楽用お手軽おにぎりをご紹介。

■漬物寿司
 ごはんにすし酢を混ぜてすし飯を作り、俵形の小さめおにぎりにする。好みの漬物をのせ、のりで巻く。すし飯は白飯よりも傷みにくい。

■焼きおにぎり
 白飯でおむすびを作り、オーブントースターで表面が乾くまで焼き、しょうゆ、またはみそを塗り、軽く焦げ目がつくまで焼く。

■梅肉まぜおにぎり
 梅干しの種を取って軽くたたいたものとごはんを混ぜ合わせ、おにぎりにする。梅干しを芯にしたおにぎりも他の具よりも傷みにくい。



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング