『女は60歳からが一番!』の著者「一番つらかったのは40代」

NEWSポストセブン / 2012年8月8日 16時0分

 誰もに訪れる老後。高齢化する現代社会において、貯蓄や孤独への不安を抱きつつ、年齢を重ねていく人は多いのではないだろうか。

 50~60代の女性に向けた、日々素敵な“老前生活”を送るための秘訣をつづった一冊『女は60歳からが一番!』(講談社)の著者である料理研究家の谷島せい子さん(65才)の日々の暮らしを知れば、そんな不安も吹き飛んでしまうかもしれない。

「いま暮らしているのは築41年の古いマンション。母の部屋をリフォームしてひとりで暮らしているんです。小さな寝室をひとつ作って、残りは全部、壁を取っ払ってワンルームにしました。ここは居間でもありキッチンでもあり(笑い)、料理スタジオとしても活用しています」(谷島さん・以下「」内同)

 谷島さんは50代で離婚。2人の息子はすでに独立し、現在はひとり暮らし。2年半前に母を看取ってから、母の部屋に移り住んでいる。約21畳の居住スペースに繋がった1畳のベランダスペースには、彩り豊かな花々のカーテンとハーブの香りがたちこめる。ここは谷島さんのお気に入りの場所で、天気のいい日は愛犬・ローリーとともにベンチに腰かけ、ゆったりとした時間を過ごすという。

「こんなふうに毎日を楽しめるようになったのは、たぶん60才を過ぎてからでしょうね。ある意味、開き直ったというか(笑い)。振り返ってみると、40代のころがいちばんつらかったかな。40代って若いときの自分をある程度維持していて、体力もそこそこあるし、働こうと思えば働ける年代。まだまだ女、でもありますし。

 だけど、夫は働き盛りで家にいる時間も少なく、子供は思春期や受験の時期と重なる。女性の場合は自分ひとりじゃなく、夫や子供のことも考えてライフワークを企てていかなくちゃならないから40代は特に、女性にとって大変な時期だと思います」

※女性セブン2012年8月16日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング