小沢一郎氏が振り返る「宮沢倒閣」から細川護熙政権まで

NEWSポストセブン / 2019年5月4日 7時0分

──その後、自民党から佐川急便事件(1992年に発覚した東京佐川急便の前社長らの特別背任事件に絡み、細川が1982年に東京佐川急便から1億円を借り入れていたことが判明)を厳しく追及される中、細川は4月に突然辞める。あなたは辞意を聞いていたのか。

小沢:知りませんでした。“(細川は)何をしでかしたんだ?”と思ったくらいだから。佐川からカネを借りていたとかいう噂話は耳にしていたけれど、そんな深刻な話ではないように認識していたから、パッパと辞めてしまって……。細川さんはかっこよく辞めようとしたんでしょう。潔く辞めれば、また人気が出ると思ったんじゃないかな、想像するに。

──再登板を考えていた。

小沢:そう思う。でも、権力闘争というのはそんな甘いもんじゃありません。

──“産みの親”として、細川政権が戦後政治で果たした役割をどう評価するか。

小沢:それは大きいと思います。絶対に崩れないと思っていた自民党政権が倒れたんだから。15代も続いた徳川幕府が戊辰戦争で敗れた(のと同じ)。しかしまぁ、細川政権は鳥羽伏見で勝ったのに、すぐ盛り返されてしまった(笑い)。

●聞き手・レポート/武冨薫(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2019年5月3・10日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング