妻の不倫 5年間騙され続けた42歳夫「怒りは一生収まらぬ」

NEWSポストセブン / 2012年8月8日 16時0分

 最近、フェイスブックの流行により、妻が別れた恋人と“繋がってしまう”というケースが相次いでいるらしいが、女性の恋愛や結婚事情に詳しい作家の島田佳奈氏によると、SNSと並び既婚女性たちの再会劇の“鉄板”なのが同窓会。メーカー勤務のX氏(42)も同い年の妻の“元サオ”を知ってしまった一人だ。

「妻が高校の同窓会があるといって、故郷・北海道へ出かけて行ったのは5年前のこと。それまで何度か帰省はしていましたが、同窓会は初めて。案内が届いた時から妻は嬉しそうでした。僕としても彼女を労うつもりで『一人で行ってきたらいいよ、子供の面倒は僕がみるから』と送り出したんですけどね……」

 故郷から帰った妻は「みんな全然変わってなかった! これからもちょくちょく会おうって話になったの」と、興奮気味に話したという。普段は仕事と育児に忙しい妻の気晴らしになればと、X氏は3か月から半年に一度、北海道へ出かける妻を、時には空港まで送り迎えしたという。

「その妻がまさか元カレと逢瀬を重ねていたとはねぇ……」

 X氏は妻が不在のとき、妻の同級生から電話がかかってきたことがきっかけで、妻の不倫を知ってしまった。

「友達で集まるなんて口実で、北海道に帰るための出まかせだったんです。妻は高校時代に学校の英語教師と付き合っていたらしく、同窓会で20数年ぶりに再会して以来、関係が復活したというんです。

 つまり、5年間ですよ! 昔の話はともかく、5年も僕は騙され続けていたわけで、腹が立つやら情けないやら。息子がまだ小学生なので、離婚するかどうか悩んでいますが、この怒りが収まることは一生ないんじゃないかと思います」

 銀行員Y氏(50)の妻も、やはり同窓会がきっかけで元カレと出来てしまった。

「校舎の建て替えが決まった高校の同窓会が30年ぶりにあるとかで、その時は特に何とも思わなかった。

 妻とは結婚20年目。息子と娘はもう17歳と14歳で、ごくごく平凡な専業主婦をやってきた彼女の男関係なんて、結婚前のことも含めて特にこちらから聞くこともなかった。要は関心がなかったんですよ。

 だから、同窓会で再会した大学時代に自然消滅してしまった元カレとどうこうという話を聞いても、正直ピンとこなかったし、あの妻が不倫なんて、一番驚いているのが僕じゃないでしょうか。

 確かに2か月に一回くらい夜に外出することはありました。でも、友達とディナーに行くといわれれば、別に疑いませんよ、こっちは。それが相手の出張のたびに“遠距離不倫”していたなんて。離婚云々以前に、それだけの魅力なり大胆さがあの妻にあったことが、今でも信じられません」

※週刊ポスト2012年8月17・24日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング