来年開校の慶応初等部「読書習慣ある家庭が有利」とお受験プロ

NEWSポストセブン / 2012年8月8日 7時0分

 今年の夏は、あの名門校の新たな参入で、“お受験熱”が急上昇している――。

 2013年4月、神奈川県横浜市に開校される慶応付属の小学校、「慶応義塾横浜初等部」のことである。芸能人や政治家など著名人の子息も多数輩出している慶応幼稚舎はあまりにも有名だが、そこに続く小学校の開校とあって、「早くも居を神奈川に移す家庭まである」(都内の志願家庭)という。

 ただいま同校は記念すべき1期生108人を受け入れるべく計6回ある学校説明会の参加者を随時募集中。しかし、8月25日に予定されている3回(募集各1000人)の説明会は既に定員オーバー。9月1日の説明会も1回目は既に締め切られているという人気ぶりだ(8月7日現在)。

 お受験ママ・パパたちにとって気になるのは、初等部がどんな子供を求めているのかということだろう。

 自らも塾を運営し、これまで多数の子供を慶応幼稚舎に合格させた実績のあるコンサルタントの石井至氏(石井兄弟社社長)はいう。

「1期生の募集になるので、学校の教育方針を実現できる素養のある子を合格させるでしょう。具体的にいえば、初等部が掲げている3つの教育方針のうち『体験教育』『自己挑戦教育』は幼稚舎とダブります。幼稚舎は何かひとつ得意なことを見つけるだけで、学習面に学校ぐるみで力を入れることはしていませんからね」

 では、初等部ならではの教育方針とは何なのか。石井氏が続ける。

「それは『言葉の力の教育』で、そこが幼稚舎と違うところ。つまり、読書の習慣がある家庭、子供に考えさせる子育てをしてきた家庭の子供がイコール、初等部の“欲しがる子供”ということになります」

 しかし、読書の習慣とはどの程度のレベルを指すのか。

「ペーパー試験はあるかもしれませんが、子供が字を読めることは要求しないでしょう。むしろ、本を見せながら何かを考えさせる能力を見るのだと思います。だから、毎日絵本の読み聞かせをしていない家庭は合格できないといっても過言ではありません」(石井氏)

 入学試験は今年の11月17日から始まる。残された対策期間は短い。



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング