気功師に心酔のELT持田香織 新居予定地の全てを囲う盛り塩

NEWSポストセブン / 2012年8月13日 7時0分

 気功師夫婦に心酔しきっているとされるEvery Little Thing(ELT)・持田香織(34才)。周囲の目には奇異に映るような行動が増え始めたと『週刊新潮』が報じているが、それによれば、こんな行動が目撃されていたという。

・気功師夫婦(岩本崇志、結城天蓮夫妻)から買った金粉入りの塩を常に持ち歩き、腕や足にすりつけている。

・スプレーに入れた水を持ち歩いて楽屋に噴きかけている。

・部屋のドアの内側とベッドの四隅に盛り塩を置いている。

 さらに、持田は水泳と筋トレを日課としているが、それを始めたのも夫婦のアドバイスがあったからだったという。

 当の結城氏に話を聞くと、「報道されていることは事実ではない」と主張したうえで、こう答えた。

「想像もしなかったような報道のされ方に憤りを感じています。持田さんは、整体施術などをした私たちに感謝をしてくれています。CDに名前を出してくれたのも、たぶんその思いがあったからだと思います」

 とはいえ、持田が夫婦に心酔していることはまぎれもない事実。音楽関係者は、こんなことを聞いたことがあるという。

「彼女に、“なんでそんなに頑張るの?”と聞いたら、“体を鍛えると心と会話ができるようになる。神経が研ぎ澄まされて、心の声が聞こえてくるようになる”っていってました。きっと気功師のかたの影響なんでしょうね…」(音楽関係者)

 昨年11月、冒頭の5階建て新居の土地を購入した持田。そこは気功師の出張所と持田の自宅があるマンションから、わずか徒歩30秒の距離だった。

「3億円の豪邸です。その費用は、持田さんの実家を担保に入れて借りたもの。そこまでして、気功師夫婦のそばにいたいという強い思いがあるんです。そして、一緒に住みたいという気持ちも持っているようなんです。

 それに持田さんは、その豪邸の一部を使って、将来的に何かお店を出したいと思っているそうですが、その際は、夫婦にアドバイスをもらおうとしているようですね」(前出・音楽関係者)

 今年5月の地鎮祭の翌日、新居予定地を見た近所住民は息をのんだ。

「盛り塩は四隅のみに置くのが普通だと思うんですけど、敷地を全て囲うようにぎっちり置いてあったんです」

 これも気功師の指示だったのだろうか…。ここまでくると、持田と気功師夫婦のべったりな関係が、不気味にもうつる。

 持田の所属事務所は、「結城先生と持田のおつきあいは、良識の範囲と認識しております」

 とコメントしている。

※女性セブン2012年8月23・30日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング