売れ切れ続出熱中症対策ドリンクOS-1 本来脱水状態の病人用

NEWSポストセブン / 2012年8月13日 7時0分

 猛暑の中、熱中症に注意が必要だが、対策として病者用のドリンクが売れているという。

 熱中症対策のドリンクといえば、スポーツドリンクが思い浮かぶが、いま、ドラッグストアなどで売り切れ続出の人気となっているのが『OS-1』だ。もともとは下痢や嘔吐、発熱などによる脱水状態のときに飲む病者用食品だが、熱中症対策として火がついて4~7月の売り上げが前年同月比123.5%なのだとか。

 一般的なスポーツドリンクと何が違うのか、製造元の大塚製薬工場に聞いてみた。

「OS-1は、スポーツドリンクより塩分濃度が高い組成になっています。500mlで中くらいの梅干し1個分と、塩分が多めでしょっぱいので、スポーツドリンクのように日常的に飲むものではありません。ただ、糖質とナトリウムがバランスよく配合されており、吸収スピードが早いため、軽度~中等度の脱水状態のかたに適しています」(大塚製薬工場OS-1事業部マーケティング)

 糖分が控えめのため、糖尿病などが心配な人にもオススメだ。

※女性セブン2012年8月23・30日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング