破廉恥教師 校内性行為で停職3か月、下半身露出が停職6か月

NEWSポストセブン / 2012年8月28日 16時0分

 2010年度、公立学校において懲戒処分(免職、停職、減給、戒告)を受けた教師は905人。不祥事を起こして「訓告」を受けた教職員は3397人。「諭旨免職」となった2人を加えると合計は4304人となる。

 2011年4月以降に懲戒処分となった5つの事件を見てみよう。

●大阪府泉南市立小学校教諭(28歳と29歳)
 同じ学校に勤務する2人の教諭が、学校内で複数回、セックスをした。男性教諭は不倫だった(停職3か月)

●堺市立中学校教諭(51歳)
 2008年10月~2010年10月、自らが開設したネット掲示板にわいせつ画像を掲載。わいせつ図画陳列容疑で逮捕(停職6か月)

●神戸市立高校女性教諭(40代)
 2010年7月~2011年6月、男子生徒を体育館に呼び出し、キス。携帯メールで「チューしたい」「ギュッとして」などと送信(免職)

●岡山市立横井小学校男性教諭(27歳)
 2012年4月、知人を介して知り合った15歳の女子高生に対し、18歳未満と知りつつ、自宅でわいせつ行為をして逮捕(免職)

●広島市立翠町中学校男性教諭(23歳)
 2011年12月、出勤途中の路上で、登校中の小学女児3人に対し下半身を露出。公然わいせつで現行犯逮捕(停職6か月)

※SAPIO2012年8月22・29日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング