眞子さまの7月南米訪問は婚活の場? 紀子さまの「工作」

NEWSポストセブン / 2019年5月24日 16時0分

公務の中で眞子さまのお気持ちに変化が生まれるのを期待されているという

「本当に娘と結婚する気があるのか──」。秋篠宮ご夫妻はそう疑念をお持ちだという。眞子さま(27才)と小室圭さん(27才)との交際報道から2年。事は「ひとりの女性皇族の結婚」という話では済まなくなった。秋篠宮家、そして令和皇室全体への波及。そして、紀子さまの下された決断とは──。

 皇室記者が言う。

「紀子さまは、“できるだけ娘の気持ちを優先させたい”という秋篠宮さまの意向を尊重されています。ただ、小室さんへの不信や秋篠宮家や皇室全体への影響を考えると、結婚には慎重な立場を取らざるを得ないのでしょう」

 振り返れば、昨年2月、宮内庁より「結婚延期」が発表されたが、その時にリードされたのが紀子さまだとされた。

「発表の直前、急きょ、紀子さまが眞子さまを連れて、当時の天皇皇后両陛下に参内されたことがありました。結婚延期のご報告だったそうです」(宮内庁関係者)

 それからは、結婚を希望され続ける眞子さまと、慎重な紀子さまの間では、会話が減り、言葉を交わすのは“公務についてのみ”という日々が続いていたという。

「紀子さまは、“それならば”と、公務の中で眞子さまのお気持ちに変化が生まれるのを期待されるようになったようです。具体的には、数多くの重要な公務をお任せになり、眞子さまが取り組まれる中で、皇族としての矜持を取り戻してほしいと考えられた。実は、上皇后の美智子さまも同じお考えのようです」(別の宮内庁関係者)

 その皮切りとなったのが、昨夏の異例の2週間に及ぶブラジル訪問だった。日本人のブラジル移住110周年を記念し、サンパウロやリオデジャネイロなど14都市を訪問された。

「令和への御代がわりを経て、眞子さまは以前よりさらに多くの公務を担当されることになりました。それまではご夫妻が担われていた『みどりの感謝祭』『全国都市緑化祭』『国民体育大会』へのお出ましを眞子さまが引き継がれました。

 結婚され、皇室を離れたら、皇族としてそれらの公務を担うことはできません。紀子さまは“眞子さまはこれからも皇室にいる”という前提のもと、公務を振り分けられたというわけです」(前出・別の宮内庁関係者)

 実際に眞子さまは5月11日、東京・千代田区で行われた「みどりの感謝祭」式典にご出席された。23日には長野県で「全国都市緑化祭」に臨席される予定だ。

 特筆すべきは、先頃、紀子さまが眞子さまを連れられ、おふたりで京都を訪れられたことだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング