高島礼子、93才父の延命治療に「本当に良かったか」と葛藤

NEWSポストセブン / 2019年5月24日 16時0分

93才父の延命治療に葛藤

 ここ最近の彼女の“変化”に周囲は驚いている。5月31日から東京・新橋演舞場で上演される舞台『翔べないスペースマンと危険なシナリオ~ギャグマゲドンmission~』で、初めての喜劇にチャレンジする高島礼子(54才)。

 活躍の場は舞台だけではない。5夜連続で放送される『白い巨塔』(5月22日~・テレビ朝日系)では、主人公・財前五郎の師である医師・東貞蔵の妻を演じる。高島が仕事を増やしている背景には「ある事情」があると彼女の知人は語る。

「クールでシリアスな役が多い高島さんが、今度の舞台ではダメ人間を演じて人を笑わせる。最近、これまでにない役を含めて仕事を増やしているのは、93才のお父さんの病状が関係しているようです」

 神奈川県横浜市内にある高島の実家の近隣住民が言う。

「以前は高島さんのお父さんが暮らしていましたが、今は病院に移られたようで、誰も住んでいません。ガスも電気も止めていると聞いたので、しばらく帰って来ないのだと思います」

 高島の父の現状に触れる前に、「父と娘」の物語を振り返ろう。高島は1964年、横浜市生まれ。20才の頃に母をがんで亡くして以来、彼女を励まし続けたのは父だった。

「大学で英語を教えていたお父さんは厳格なかたでしたが、高島さんが芸能界入りを悩んでいる時には『自信を持って自分で判断しなさい』と背中を押しました。この言葉に勇気づけられた高島さんは、芸能界に飛び込むことを決めたのです」(前出・高島の知人)

◆豪邸をバリアフリーにしたが…

 1999年2月に高島が高知東生(54才)と結婚してからは、父は横浜市内の実家でひとり暮らしをしていた。

 異変が生じたのは2004年。実家に帰った姉が、「お父さんが何か変なことを言う。絶対に病気だ」と言い出した。

 高島は真剣に受け止めなかったが、姉の言葉に押されて車で病院に連れて行く途中、高速道路を見た父が「あっ動物園だ」と口走った。その後のCT検査で、パーキンソン病により幻影が見えたことがわかった。

 以降、父は幻聴や幻影に苦しむようになった。時には高島を見て「あんた、誰だ」と言い、寝ている最中に暴れてベッドから落ちることもあった。高島は忙しい身でありながら、できるだけ病院を訪れて父を看病した。

 幸い、何度か転院を繰り返すと父に合う病院が見つかった。てんこ盛りの薬を減らすと症状が徐々に回復。幻聴や幻影が消えた。当時の高島は、父との同居を心に決めていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング