50代韓流ファン女性 夫に韓国を「あんな国」と呼ばれ大喧嘩

NEWSポストセブン / 2012年8月23日 16時0分

 韓国の李明博大統領が、ロンドン五輪男子サッカーの日本と韓国による3位決定戦に合わせたように竹島に上陸。それをきっかけに韓国内における反日感情が高まっているという。もちろん日本でも反韓感情は高まっている。

 今回の“事件”を、日本の韓流ファンはどう思っているんだろうか? 韓流の聖地、東京・新大久保に足を向けてみた。

 韓国料理や韓流グッズの店が立ち並ぶ大久保通りは、記者が訪れた日は竹島問題なんてなかったかのような賑わいで、どの店も相変わらずの混雑ぶり。でも、そこにいた韓流ファンの女性に話を聞くと、彼女はにわかに表情を曇らせた。

「これまでは夫も私のK-POPのコンサート通いに“しょうがないな”という感じで理解を示してくれていました。ところが今回の騒動が起きた後、“まさか、まだあんな国のタレントの追っかけをするんじゃないだろうな”といわれてしまって。“それとこれとは別でしょ”って反論したら大げんかになっちゃいました。コンサートには行くつもりですけど、秋の韓国旅行はさすがに夫には切り出せません」(50代・主婦)

 また、今回の騒動をきっかけに、ネットなどで韓流スターたちが過去に韓国内でやっていた「反日行動」が話題になっていることに、困惑しているファンもいた。

「嫌いになったわけじゃないけど、正直、がっかりって感じがあるんです。“韓国好きだ~、応援するぞ~”って張り切ってたら、ハシゴを外されたというか。たしかに、彼らは日本のファンの前では日本が大好きみたいな態度だし、実際にいっぱい日本のよさも知っているはずなのに、韓国国内で“日本はいい国ですよ”という人はいませんからね」(40代・女性)

※女性セブン2012年9月6日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング