小川彩佳アナ 異例ずくめTBSデビューから見る“小川主導”

NEWSポストセブン / 2019年6月11日 16時0分

初回放送はドタバタ?(写真・ロケットパンチ)

 テレビ朝日を退社してから2か月後、鳴り物入りでTBSの看板報道番組に移籍したフリーアナの小川彩佳(34)が、6月3日、『NEWS23』(TBS系)のMCデビューを果たした。

 新天地での“初鳴き”は異例ずくめだった。

「皆さんと一緒に考え、感じ、気づき、そして触れる。一緒に繋がっていられる、そんな1時間を作れたらと思います」

 真っ白なスーツに身を包み、微笑みをたたえて話す小川アナの姿に、〈やっぱり安心感が違う〉と、『報道ステーション』時代からの“小川ファン”はネット上で盛り上がった。

 古巣のテレビ朝日が人気番組『激レアさんを連れてきた。』の拡大版を同時間帯にぶつけてくるなか、初日の平均視聴率は4.3%。前任の雨宮塔子アナ(48)時代からほぼ変化がなかった。

「期待外れという声も聞こえてきますが、まだスタートを切ったばかり。数字が安定するのはこれからです。毎分視聴率で見ると6%台が出る時間もある。裏の『news zero』は最近8%前後まで落ちてきているので、追い上げていきたい」(TBS編成局局員)

 数字の上では静かな門出となったが、画面に映らない場所ではスタッフが“新しい顔”を迎える準備に大忙しだった。

◆純白衣装で目がチカチカ

 通常15時頃から最初の打ち合わせが始まる『NEWS23』。その後数時間の自由時間を経て、メイク、衣装合わせ、最終打ち合わせと進んでいくが、初日は衣装を巡ってスタッフが頭を悩ませていたという。

「小川アナはテレ朝時代から毎日のコーディネートをブログにアップしていたくらい、衣装には人一倍のこだわりを持っている。初日の衣装については、リニューアルしたスタジオに合わせてシックな方向で行く案もあったのですが、小川アナとも相談して、一番目立つ白で臨むことになったそうです」(別のTBS関係者)

 しかし、結果的にこれが逆効果になった。

「背景が暗めのセットなので、コントラストが強すぎました。小川さんのスーツが浮かびあがりすぎて、リハーサル時点から“目がチカチカする”という声が上がっていた」(同前)

 ちなみに、昨年10月に有働由美子アナ(50)が『news zero』のMCに就任した直後も、純白衣装を選び、同じような憂き目にあっている。

「あの時は、背景が白なのに真っ白の衣装を選んだため、有働アナの顔から下が“消えて”しまうというアクシデントが起きました」(日テレ関係者)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング