女性の薄毛トラブルは低体温で発生する例も 低体温改善も必要

NEWSポストセブン / 2012年8月28日 7時0分

 血流の低下やケア方法によるダメージのほかにも、女性の頭皮のトラブルや髪の悩みの原因はいろいろ。複数の原因が重なっていることも多いので、正しい知識や理解を深め、日常的に行えることから改善しよう!

 女性ホルモンの乱れで薄毛は加速するという。『AACクリニック』院長・浜中聡子さんはこう話す。

「髪質をキープするために必要といわれるのは、女性ホルモンのなかのエストロゲンですが、エストロゲンは、毛髪を発達させ、毛髪の成長期を持続させる働きがあります。ところが、20代をピークにその分泌は減少し、45~55才の更年期には急激に低下します。

 特に閉経を迎えると、一時的ではありますが、女性ホルモンが急激に減り、脱毛を促す働きがある男性ホルモンが優位になるので、髪質が低下し、薄毛が目立ってくる女性も増えてきます。あまりにも気になる人はクリニックなどで相談を」

 浜中さんは、女性の抜け毛にもタイプあるという。

「特定の部位から髪が後退する男性とは異なり、女性の薄毛でもっとも多いのが、頭髪全体が薄くなるびまん性脱毛症。特に髪の分け目が透けて見えてくるのが特徴です」

 その他、出産後に抜け毛が増える分娩後脱毛症や、髪をきつく縛ることが原因の牽引性脱毛症、自己免疫疾患の一種である円形脱毛症、皮脂の過剰分泌によって起こる脂漏性脱毛症、フケが原因のひこう性脱毛症などがある。

 また、低体温も薄毛・抜け毛に関係あるというのは、『皮膚臨床薬理研究所』代表取締役・理学博士の北澤秀子さんだ。

「さまざまな不調を招く低体温は、薄毛や抜け毛の一因になると考えられます」

 50才前後になると動脈硬化になる人が増えるが、同じころから薄毛や抜け毛に悩む人も増えるという。

「動脈硬化になると血流が悪化し、低体温になります。また、日本毛髪科学協会によると、頭皮の温度の低い箇所から脱毛が始まったというデータもありますので、薄毛のひとつの原因として、低体温を改善することも必要でしょう」(北澤さん)

※女性セブン2012年9月6日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング