G.G.佐藤解雇でなぜか日ハムの多田野が心配される理由とは?

NEWSポストセブン / 2012年8月28日 7時0分

『メルマガNEWSポストセブン』では、『ウェブはバカと暇人のもの』の著者としても知られるネット編集者の中川淳一郎氏が、その週にネットで話題になったニュースのツボを解説している。現在配信中の28号でも、

「公人はツイッターで暴言吐いてはいけないのか」
「韓国・中国に対し『いい加減にしろ』の声と日本政府への失望の声」

など、その週にネット上で起きた様々な事件を紹介しているこのコーナー。なかでも今週「もっともネット的」とでもいうべきネタが「G.G.佐藤がイタリアの野球チームを解雇されネット騒然、勝手に多田野を心配」という事件だ。

 * * *
 元埼玉西武ライオンズのG.G.佐藤選手が、所属していたイタリアプロ野球のセリエA・フォルティテュード・ボローニャから解雇されたことが所属チームから発表されました。今季は42試合に出場し、打率.319、3本塁打、22打点だったそうです。

 佐藤選手といえば、2007年は打率.280、25本塁打を記録するなど名外野手として活躍していましたが、2010年シーズンはケガもあって打率.204、6本塁打という低調な記録に終わりました。2011年は結局2軍から1軍に上がることなく西武から解雇されます。

 本稿を書いている23日16時30分現在、2ちゃんねるの当件に関するスレッドは約900のコメントがつくなど大人気となっています。解雇の理由に、「とある大会にはイタリア人しか出られないものの、兼任コーチとして出てくれ、と言われたがこれを拒否してバカンスに行った」という説が出ています。これによって解雇されたというのがあるとのことですが、佐藤選手に対してはこんなコメントが並んでいます。

「こんだけ活躍してるから給料上げろ→クビ こうか」
「草野球チーム解雇www」
「こんなのが、一般的な日本人とか思われたら嫌だわ」

 佐藤選手は何かと叩かれる傾向にありますが、すべては北京五輪準決勝と3位決定戦の決定的場面でフライを落球したことにあります。

 そのため今回のイタリアチーム解雇についても「せっかくポロリ男を拾ってやったのにこの仕打ちじゃね。イタリア人も激怒して当然だな。人格破綻じゃないか」と怒りの声があがっております。

 ネットの人々は、過去の過失を恐らく一生許しません。福岡ソフトバンクホークスの小久保裕紀選手にしても、先週の引退発表時には「自叙伝を書きたい」と発言したことから「脱税の指南書かww」「不倫する方法かww」といった大昔の過ちを未だに書かれてしまいます。

 そういった意味で、私がもっとも心配しているのが、かつてゲイビデオに出て、今でも「アッー!」などとネットで書かれることの多い北海道日本ハムファイターズの多田野数人選手です。たとえば、同選手が引退を発表した時に、その功績を無視し「引退したアッー!」「さよならアッー!」などと書かれないようネットユーザーの皆様には寛容な姿勢をお願いしたい次第でございます。

※参考ページ
アッー!『ニコニコ百科』

※メルマガNEWSポストセブン28号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング