震度6強「新潟・山形」の次の懸念は MEGA地震予測緊急取材

NEWSポストセブン / 2019年6月26日 7時0分

地震の影響で崩落した駐車場ののり面(新潟県村上市。時事通信フォト)

 最大震度6強を観測した6月18日の新潟・山形地震は、地震列島に暮らす恐ろしさを改めて感じさせた。深夜帯に9000戸以上が停電し、東日本大震災を彷彿とさせる規模の津波注意報も発令された。

 本誌・週刊ポストで数々の大地震を予測し的中させてきた測量学の世界的権威で、『MEGA地震予測』を主宰する村井俊治・東大名誉教授に「次なる危険地域」を緊急取材した。

 新潟・山形地震の6日前に発信したメールマガジン『週刊MEGA地震予測』で、村井氏は北信越地方を最も地震発生リスクが高い「要警戒」エリアに指定していた。村井氏が言う。

「我々は国土地理院が全国1300か所に配備している電子基準点の動きから地表の異常を分析しています。北信越を要警戒としたのは、山形県の地表が長期的な沈降傾向から隆起へと転じたからです。これは過去のデータと経験則から見て、大地震が起こる前に生じやすい兆候です。実は今、北海道から九州まで全国各地に一斉異常変動が起こり、同様の傾向が見られる地域が点在しています」

 村井氏が最も地震発生リスクが高いと指摘するのは、別掲のマップの南海・東南海警戒ゾーンだ。

「和歌山の潮岬、高知の室戸岬の周辺で沈降が拡大しています。特に高知県内では、今月に入って4センチ以上の異常変動が6か所の電子基準点でまとまって見られました。近くの愛媛の宇和島、高知の宿毛が隆起傾向を見せている。四国一帯は特に注視が必要です」

 次に警戒エリアとして挙げるのが、九州南部警戒ゾーン。村井氏は特に宮崎や鹿児島での異常を指摘した。

「この地域では今年5月に、宮崎市などで震度5弱を記録した日向灘地震が発生しています。しかしこれで終わりとは思えない。その後も宮崎南部から鹿児島南部までの一帯は大きく沈降を続けている。

 最近は種子島も沈降し始めました。鹿児島南部にある基準点『佐多』では5cm以上の変動も見られるので、大隅半島は特に警戒が必要です。今後、夏にかけて5月より大きな地震が起こる可能性が高まっています」

 マップに示したように、東北や北関東、伊豆半島などでも異常変動が発生している。準備を怠ることなく、大地震のリスクに備えたい。

【MEGA地震予測 MAPの見方】
 MEGA地震予測は、国土地理院が全国1300か所に配備している電子基準点の動きから、地表の異常を察知する。地図中では、2018年11月25日から2019年5月18日の間に、要警戒とされる「1週間で5cm以上の上下動」があった地点を示した。それに加え、地表の長期的な「隆起・沈降」と、地表が東西南北のどの方向に動いているかの「水平方向の動き」の分析を加味し、過去の地震発生の前兆現象と比較した上で「震度5以上の地震が発生する可能性があるエリア」を警戒ゾーンとしている。

●JESEAでは毎週水曜日にスマホ用アプリ「MEGA地震予測」(月額380円)で情報提供している。詳しくはhttp://www.jesea.co.jpまで。

※週刊ポスト2019年7月5日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング