「カードとポイントうまく使えば3000万円節約可能」と評論家

NEWSポストセブン / 2012年9月1日 16時0分

 今ポイントサービスはどんどん進化している。

 買い物しなくてもポイントが貯まるサービスも増えている。例えば、提携店舗内でチェックインするだけでポイントが貯まるスマートフォンのアプリや、店頭の端末にポイントカードを入れるだけで来店ポイントがもらえるサービスを行うデパートなども出てきている。

 ほかにも、インターネットの通常の検索エンジンではなく、ポイントサイトの検索エンジンを利用すれば、それだけでポイントがもらえたり、サイトに貼られているバナーをクリックするだけでポイントがついたり、手間をかけずにポイントが貯まるサービスが登場しているのだ。

「これだけカードが使えるシーンが増えているのですから、カードを使わなくては損。上手に活用すれば、生涯で3000万円の節約も可能です」

 こう話すのは、カード評論家の岩田昭男さんだ。

 岩田さんによれば、還元率10%のクレジットカードで、平均月50万円分を20才から70才までの50年間使った場合、3000万円相当のポイントを得ることができるという。

「今はクレジットカードで家賃、税金、保険料、ガスや電気などの公共料金なども支払えますから、年収によっては月50万円をカードで支払える人もいます。また、三越伊勢丹グループの『エムアイカード』なら最高で還元率10%(三越伊勢丹グループ百貨店で前年度、100万円以上利用した場合)になります。

 他社のゴールドカードやプラチナカードの中にも還元率が高いものもあるので、ちょっとしたコツはあるものの、それらを駆使すれば理論上は不可能ではありません」(岩田さん)

 前出の『エムアイカード』やプラチナカードは最終目標として、もう少しハードルを下げて、還元率5%のクレジットカードで、平均月20万円分を50年間使った場合を見てみると、それでも600万円相当のポイントが得られる計算だ。

「大切なのは、カードを節約などにきちんと役立てようという気持ちです。今後、消費税も上がりますから、カードを活用してポイントを得れば、上がった消費税分を取り戻すことも可能なのです」(岩田さん)

 現金決済がバカバカしくなるポイントシステム。知らないと絶対損です!!

※女性セブン2012年9月13日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング