宮城県・石巻地区最大の夏祭り「石巻川開き祭り」をレポート

NEWSポストセブン / 2012年9月1日 16時0分

 3.11・東日本大震災の被災地、宮城県・石巻市は、コラムニストの木村和久さんが高校卒業までを過ごした地。木村さんが、縁ある人々の安否を自身の足で尋ねながら、震災直後から現在の状況までをレポートします。今回は石巻地区最大の夏祭り、「石巻川開き祭り」についてです。

 * * *
 子供のころは人生最大の楽しみでしたが、大人になってから改めて参加する祭りはどうか? 実に30年ぶりぐらいでしょうか、感慨もひとしおです。

 そもそも川開きとは、今から約400年前、伊達政宗の命を受けた普請奉行、川村孫兵衛が北上川を掘削して、今の姿に流れを変えた。その北上川改修を称えつつ、水難者の供養をしようと、大正時代から「川開き」と呼んで、お祭りを開催しているのです。

 祭り前日は、東日本大震災の被災者の供養と、灯籠流しが行われ、おごそかな前夜祭となりました。以前から灯籠流しはありましたが、今回は流灯だけで、1万5000個と相当な数です。日没と同時に上流の数か所から続々と、灯籠を流し始めます。

 そして街中の下流に灯籠が着くころは、日もどっぷり落ちて、灯籠がくっきり浮かび上がります。灯籠のひとつひとつに、ろうそくが灯されてあり、芸が細かい。水面にともし火が映し出されて、幻想的な風景を見せてくれるのです。

 灯籠の数は、陸上の置き灯籠と合わせるとざっと2万個。東日本大震災で亡くなったり、行方不明になったかたがたの数と、くしくも一致します。まさに灯籠ひとつひとつが、魂なのです。

 手を合わせて、ずっと祈っている人も多数いらっしゃいました。非常に切ないですね。

 石巻の灯籠は、川に流す流灯のほかに、地元の小学生に絵や文章を書いてもらった、置き灯籠も多数あります。まだ明るいうちから家族連れが、息子の書いた灯籠を探していましたが、何せ数が多くて、自分の子供の灯籠を見つけられません。

 そんななか、何気なく発見した灯籠にびっくりです。画用紙に父親らしき人物が描かれて、コメントが。

<てんごくでもビール飲んでいるかな>って書かれてありました。お父さんは震災で亡くなられたのでしょう。明るくビール飲んでる? と振る舞ってる子供さんの姿がいじらしいじゃないですか。見ず知らずの子供の灯籠に、私は泣かされてしまいましたよ。

 灯籠を見た後、旧市内をそぞろ歩きます。ビールを売っている同級生を発見。やっぱり自分の生まれた街ですよ、誰かに必ず会うんですから。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング