私はブスなのになぜ欲しいものを全部手に入れられたか

NEWSポストセブン / 2019年7月7日 16時0分

「人間を商品にたとえることに批判もありました」と語る田村さん。

 ブスは美人に比べてソンなのか? ある調査では、美人はそうでない人よりも生涯年収が約3000万円高い、という結果が出ている(ダニエル・S・ハマーメッシュ『美貌格差』より)。時代は変わりつつあるし、年収と幸福は必ずしも比例するものではないけれど、男女問わず、いまだ外見は人生を左右する一つの要素ではないか。そんななか、「ブスが幸せな結婚&ビジネスでの成功」を掴むための戦略を綴った『ブスのマーケティング戦略』(文響社)が好評だ。婚活や就活をはじめ、対人関係で結果を出したい人に役立つ戦略が詰まった本書について、著者の田村麻美さんに話を伺った。

* * *
■中高生男子並みの欲望が備わっていた

──インパクトのあるタイトルと、ご自身のお顔が大きく載ったインパクトのある表紙カバーに、まず目を奪われました。

田村:抵抗はありました。最初はペンネームで書こうかなとも思っていたんです。でも、何者でもない私がブスについて論じるならば、本名と顔、そして自分自身の経験をさらけ出さなければ説得力がないなと思ったんです。結果、気づいたら、実名・顔出しになっていました。発売直後は恥ずかしい気持ちでもやもやしていましたが、幸い、好意的な反応をいただいていることもあり、しばらくすると怖いものがなくなり、すっきりしている状態です。

──本書は、税理士・早稲田大学ビジネススクールでMBAを取得、そして一児の母である田村さんの経験をもとに書かれた、ブスが幸せな結婚および経済的な自立を獲得するための具体的な指南書です。「結婚」と「経済的自立」、この2つを目標に据えているところが、共感を得ているポイントの一つだと思いました。

田村:もともとは、結婚はできないかも、という気持ちがあったので、一人で生きていけるようにと、経済的自立をまず考えました。ただ、私は若い頃、男性と恋愛がしたい、少女マンガのようなことをしたいという気持ちがすごく強かったんです。本にも書きましたが、性欲が強かった。中高生男子並みの欲望が備わっていたんだと思います(笑)。だからどうしても、そちらも追い求めずにはいられなかったのです。

でも、私はブスです。じゃあ、ブスの私が男性と付き合うには、結婚するにはどうしたらいいか、ということを、早くから戦略的に考え始めたわけですね。

──ブスに気づいたのは小学生のときだったと書かれています。そこからご自身を「客観視」する人生が始まりますね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング