白血病闘病中の大塚範一アナ 9月で治療終え仕事復帰に意欲

NEWSポストセブン / 2012年9月3日 7時0分

 その夜、東京都内の小さな寿司店のカウンターには、喜びの笑顔があふれていた。その場に居合わせた常連客は話す。

「席には7人ほどの団体客が陣取っていて、その会話の中心にいたのは、スキンヘッドで、一見ちょっとコワモテの男性でした。しかし、やさしくなめらかなトークに聞き覚えがあった。

 ジッと見てみたら、あの大塚範一さん(63)だった。お酒も口にしていたし、刺身など生ものも食べていた。顔色もよくて“ああ、ずいぶん元気になったんだなぁ”と嬉しくなりましたね」

 昨年11月2日、急性リンパ性白血病のため、17年間にわたってキャスターを務めてきた『めざましテレビ』(フジテレビ系)を休養した大塚範一氏。11月7日には闘病中の病院から生電話で番組に出演し、復帰への決意を語っていたが、その願いもむなしく、今年2月28日には正式に番組からの卒業が発表された。

「当初は春の復帰を目指していたが、闘病生活はそう生易しいものではなかった。昨年暮れに番組プロデューサーが病院を訪れて番組の今後について説明したときに、大塚さんのほうから『よいタイミングなので、私も卒業します』と切り出したそうです」(フジ関係者)

 その後、大塚氏は抗がん剤による治療を繰り返し、激しい副作用に苦しみながらも病と闘ってきた。そのかいあって、最近では治療の合間に一時退院できるまでになったという。

 自由を得た大塚氏が、まず最初にしたことは、家族同然の付き合いである『めざまし』のスタッフらとの邂逅だった。冒頭の寿司屋での一コマこそ、その嬉しい宴だったのである。

「順調にいけば9月ですべての治療が終わるそうで、“そしたら仕事に復帰できる”と本人は意欲満々でした。“すごく若い嫁さんでももらって話題になろう”なんて冗談をいって笑っていました」(前出・常連客)

 順調にいけば秋には『めざまし』への「電話出演」程度は可能かもしれない。年の差婚はともかくとして、まずはテレビ界へのカムバックを願うばかりだ。

※週刊ポスト2012年9月14日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング