“脳の健康”を保つ食生活4つのポイントと3つの生活習慣

NEWSポストセブン / 2019年7月28日 7時0分

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

 超高齢化社会を迎えるいま、認知・判断能力が低下するリスクが高まる高齢者は、どんな備えをするべきか。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、脳の健康を保つ食生活4つのポイントと、3つの生活習慣を紹介する。

 * * *
 不都合なことはなかったことにしようというやり口には、あきれてものが言えない。「老後2000万円」報告書の受け取りを拒否した問題は、そんな政府の体質を体現している。

 しかし、政府が必死になればなるほど、よほど隠したい内容があるのだろうと逆に興味がわいてくる。あらためて報告書を読んでみると、確かに大事なことが書かれていた。

 なかでもぼくがいちばん気になったのは、認知症の人の資産についての記述だ。認知症は年々増加し、2025年には700万人前後になると推計されている。その認知症の人が保有する金融資産は、2030年には200兆円を超えるとか。これは、個人の金融資産の1割に当たる額である。

 そもそも65歳以上の高齢者の保有資産は、個人の金融資産の7割近くを占めている。報告書では、これらのデータを使いながら、認知症だけでなく、認知・判断能力が低下しつつある高齢者の資産をどう管理していくか、重要な課題の一つだとしている。

 WHOは、つい最近、認知症予防ガイドラインを発表した。そこで強く推奨されているのは、運動習慣、禁煙、血圧のコントロール、糖尿病の治療だ。運動習慣を身につけながら、野菜をたっぷり食べ、血圧と血糖値を上げないようにすることが大切ということだ。あまり目新しさはないかもしれないが、内容は王道である。

 医学誌「ランセット」に発表された、世界の複数の研究を解析した報告書もある。高血圧、肥満、高齢期の難聴、喫煙、うつ病、社会的な孤立、糖尿病など、いくつかの要因を取り除いていくと、認知症の発症を35%抑制できるという。

 特に、高齢期に入ったら、たばこを止めること、うつ病にならないこと、運動すること、社会的な交流を増やすこと、糖尿病を治療することが大事だとしている。

 WHOのガイドラインは、栄養バランスのよい健康的な食事も推奨している。ぼくは脳の健康を保つ食の「脳活」として、次の4つのポイントを挙げたい。

【1】一日350グラム以上の野菜を食べる

【2】油は、オメガ3脂肪酸を
 青背魚やクルミ、エゴマ油などに含まれている。

【3】コエンザイムQ10
 イワシやサバ、ブロッコリー、ホウレン草に多く含まれている抗酸化物質。脂溶性なので脳に到達しやすい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング