小室圭さんの母、異例の警備は本人の“強い要望”の結果

NEWSポストセブン / 2019年8月3日 16時0分

小室さんが留学して以降、佳代さんの姿は見られていない

 秋篠宮家の長女・眞子さま(27才)の婚約内定者・小室圭さん(27才)がアメリカ留学に旅立ってから、はや1年。神奈川県横浜市内にある小室さんの自宅マンションには、警備にあたる警察官の姿こそ見えなくなったが、警察官が待機するための「ポリスボックス」や監視カメラは残ったままであり、厳重な警備は続いている。

 婚約内定が発表された当初、小室さんだけでなく母の佳代さんにもSPの護衛がついていた。

「佳代さんがパート勤務先である都内の洋菓子店に出る時は、県警のSPが付き従っていたそうです。まだ正式な婚約がされていない時期に、ましてや圭さん本人ではなく親族を警備するというのは異例中の異例のことです」(警察関係者)

 警備がつくようになって、佳代さんは明らかに変わったと近隣住民は言う。

「サングラスをかけて化粧も濃くなり、いわゆる“セレブ風”の服装に変わっていきました。それまでは、ジャージーのような服装が多く、化粧もほとんどしていなかったのですが…」

 佳代さんに金銭トラブルが発覚し、小室さんの結婚延期が発表される昨年2月頃まで、佳代さんへのSPの警護が続いたという。

「実は、それらの警備は、佳代さんの“強い要望”により実現したものでした。かつて、女性皇族の婚約相手の母親が要警護者になったことは、記憶の限りではありません。圭さんではなく、佳代さんの要求だったと聞いています。

 佳代さんは『私たち親子の身に何かあったらどうするのか』『母子家庭だから不安だ』と、半ば強引に要求したそうです。今思えば、その後にトラブルが発覚するような心配があったから、そこまでの警備を求めたのでしょうか。警察庁も、本当に必要なのかと疑問に思いながら、佳代さんへの警備を決めたそうです。

 そもそも『要警護者』を決めるのは警察庁の仕事です。現場で警備を行う各都道府県警はその指示に従うだけなので、佳代さんは秋篠宮家や宮内庁を通して、警察庁に要求したそうです」(前出・警察関係者)

 現在、目に見える佳代さんに対するSPの警備はなくなり、小室さんも留学に旅立った。しかし、今も体制を変えて警備は続いているという。

「留学後、自宅前のポリスボックスは無人になりましたが、警察によるマンション周辺の定期的な巡回は続いています。

 また、ポリスボックスが立ってしばらくして、小室さんの自宅周辺には24時間の監視ができる防犯カメラが設置されました。マンション内に少なくとも3台のカメラが設置されて、24時間の監視が続いています。カメラの監視や巡回など、警備を続けるとなるとその分、マンパワーもコストもかかり続けるのは、言うまでもありません。そうした警備体制も、佳代さんの求めで設置されたものと聞いています」(前出・警察関係者)

※女性セブン2019年8月15日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング