高校野球で舌禍の“やくざ監督”「喉元過ぎれば熱さ忘れる」

NEWSポストセブン / 2012年9月12日 7時0分

 極道風の風貌から“やくざ監督”の異名をとる開星高校野球部元監督の野々村直通氏(現在は教育評論家)は、2年前の選抜大会で21世紀枠の高校に敗れた際、「末代までの恥」と語ったことが問題視され、監督辞任に追い込まれた。
 
 今年の夏の甲子園大会では、部員による「根性焼き」や「強盗致傷」などの一連の不祥事が発生。野村氏は不祥事に対しては、「野球部全体が責任を負う処分に対して否定的な立場」と語る。野村氏に高校野球の不祥事について聞いた。

――それでも不祥事は起きてしまうものですよね。
「その場合、高野連が処分を下さず不祥事を起こした高校に(甲子園に出場するか否かの)判断を委ねるのが正しいやり方だと思います。一人の生徒が起こしたことを、野球部全員で責任を負うことになると、お行儀のいい生徒ばかりしか甲子園に出られなくなるし、問題のない他の部員を悲しませるだけです」

――ご自身の発言が問題になった時も、開星野球部全体が問題であるかのようにいわれもしたが?
「いやぁ、あの時はつらかった。抗議の電話やメールが殺到して、学校はイメージダウン。先生方にも申し訳なくてね。でも、あの舌禍事件があったからこそ、有名になって、こうして取材もしてもらえる。喉元過ぎれば熱さ忘れる、です」

 不祥事は早く忘れろ――これが教訓ということか。

※週刊ポスト2012年9月21・28日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング