広島・野村監督 横浜ファンへの一言求められキョトンとする

NEWSポストセブン / 2012年9月13日 7時0分

 プロ野球も終盤戦に突入している。セ・リーグの3位争いを左右するのが、数年来、広島と最下位の椅子を争っている横浜DeNAだという。

「9月以降に広島は横浜と6試合、ヤクルトは7試合を残している。ウチは横浜を得意にしているが、ヤクルトは苦手。この横浜戦でどれだけ貯金できるかが鍵になる」(広島番記者)

 が、そんな“上から目線”ぶりを横浜ナインとファンが知れば、嫉妬心で広島に本気になってぶつかってくるのでは……と心配になる。そこで、本誌記者は野村監督に訊ねた。

――監督、横浜ファンにも一言お願いします。

「……。はい?」

 そりゃそうだ。説明しないとわからない。

――ええ。いつもBクラスで仲良くしてきた横浜ファンが寂しがっているようなので、励ましのお言葉を。

「……(ますますキョトンとした表情に)」

――広島に置いてきぼりにされた横浜ファンに、です。

(すると、ようやく質問の意味が理解できたらしい)

「あのねェ……。そんなこと僕がいえるわけないでしょ。頑張るだけです」

――“横浜も頑張れ”と。

「……(首をかしげ、無言で立ち去る)」

 監督が最後まで表情を崩さずにスタスタと引き揚げていった後、監督をとり囲んでいたチーム関係者、番記者、ファンからは失笑が漏れた。

 何はともあれ、野村監督に油断はなさそう。横浜の指揮官が見習うべき点は、この落ち着きぶりなのかもしれない。

※週刊ポスト2012年9月28日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング