地ビール飲むときは「ゆるゆると味や香りを楽しんで」と店主

NEWSポストセブン / 2012年9月14日 16時0分

写真

門司港地ビールのアンバーラガーと自家製コンビーフ

 日本の地ビールは世界的な評価を受けているのをご存じだろうか。2年に1度アメリカで開催される“ビールの五輪”『ワールド・ビアカップ』でも、日本の銘柄が続々入賞しているのだ。

 そうなると、全国各地の地ビールを飲み比べてみたい、と思うもの。東京で各地の地ビールを飲める店のひとつが、「クラフトビアバー Ant’n Bee」(六本木)だ。

「ゆるゆると味や香りを楽しんでほしい」と河辺牧子店長。約60の醸造所と取引し、毎日約20種の樽生ビールをラインナップする。一律スモール735円、レギュラー945円、ラージ1260円。

■クラフトビアバー Ant’n Bee(アントン・ビー)
【住所】東京都港区六本木5-1-5 B1F
【営業時間】17~翌6時
【定休日】無休

※週刊ポスト2012年9月21・28日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング