小池百合子氏 都知事再選に向けオヤジ殺しの自民懐柔策

NEWSポストセブン / 2019年8月9日 16時0分

五輪の顔をアピールしてきた小池百合子都知事だったのに…(写真/時事通信フォト)

 東京五輪まであと1年と迫り、注目選手の動向や大会準備のニュースが次々と伝えられる中で、“目立ちたがり屋”のあの人がやけに大人しい。都知事として東京五輪を迎える小池百合子氏である。

 リオ五輪の閉会式に着物で登場するなど、“五輪の顔”をアピールしてきた彼女だが、最近は露出を控えているという。

「予定通りだと、五輪開催直前の来年7月はじめに次の都知事選が行なわれることになる。その場合、もし小池さんが敗れると、五輪の開会式には都知事として出られるが、閉会式には次の都知事に代わってしまうことになる。それを是が非でも避けるために、小池さんは今、水面下で都知事選に向けた布石を次々と打っているところです」(都政を取材するジャーナリスト)

 その最初の一手が、5月に谷垣禎一・前自民党幹事長が都のパラリンピック懇談会の名誉顧問に就任したことだ。

「小池さんは野党時代の谷垣総裁を三役として支えた仲。党重鎮を迎え、再選支持を求めやすくなる」(同前)

 さらに同月、石原都政時代の副知事だった村山寛司氏を特別秘書に任命した。

「村山さんは石原知事時代から調整役として知られ、都議会自民党や公明からの信頼が厚い。“ドン”内田茂氏との対立以来、長く緊張関係が続いてきた都議会自民党に対して強力な橋渡し役になる」(都庁幹部)

 ダメ押しがこれだ。

「小池さんは8月後半に知事選に向けて政治資金パーティーを開催する予定ですが、そこに講師として二階俊博幹事長を招くそうです。彼女としては再選を確実にするため対立候補を探しあぐねている自民党を、内田氏と親しい二階氏の力で懐柔したい」(都政担当記者)

 かつて細川護煕、小沢一郎、小泉純一郎と大物政治家のもとを渡り歩いた小池氏。“オヤジ殺し”の技術はまだまだ錆びついていないようだ。

※週刊ポスト2019年8月16・23日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング