芸能人の移動手段事情、ママチャリ使いの大物俳優も

NEWSポストセブン / 2019年8月6日 16時0分

2015年に第1子、2018年に第2子を出産した国仲涼子の自転車姿

 女優・国仲涼子が3人乗り電動自転車で買い物に行く様子がキャッチされたが、子育てを頑張っている様子がうかがえるとのコメントもネットには書き込まれた。著名な芸能人には、常時運転手が迎えに来たり、タクシーに乗るイメージがあるかもしれないが、「芸能人と自転車」は珍しくないという。

 中堅のお笑い芸人・Aは、東京・三軒茶屋に住んでいるが、お気に入りの場所は下北沢。タクシーで行けば片道1000円ほどだが、「運動もしたいですし、自転車で15分ぐらいで着くのでいつも自転車で通っています」と語る。

 さらには「芸能人がいつも贅沢するわけないじゃないですか。いつ仕事がなくなるかわからないですし、節約は心がけています」とも語っていた。

 Aが言うように、芸能人と自転車はごく当たり前のようだが、大きなギャップで住民を驚かせた大物俳優がいる。

 都内の高級住宅街で、自主制作映画を撮っていた住人Bさんは、白塗りのピエロが暗闇の中、ただ立っているだけ、という不気味なシーンを撮影していたのだが、そこにママチャリに乗った男性が通りかかった。

「うわっ!」と驚いた男性は自転車を止めた。現場監督が「あっ、驚かせてすいません!」と言って、自転車のほうを見るとその男性は柄本明だった。柄本は笑顔を浮かべながらこう言ったという。

「いえいえ、私も同じような仕事をしておりますので。頑張ってくださいね。いい作品を作ってください」

 そう言い残し、再びママチャリに乗ってキーコキコとゆっくりと去って行った。以後も柄本がママチャリでゆっくりと走る姿を見たといい、この住民は「まさかあんな大物俳優がごく普通のママチャリで移動しているのは驚きましたし、気さくに話しかけていただき、本当に嬉しかったです」と語った。現場の士気は一気に高まり撮影にも好影響だった。ちなみに映画は完成しなかったそうだが…。

 前出の芸人・Aはテレビにも出ているため、顔は知られている。普段の移動は自転車と電車なのだが、電車に乗って立っているとその前に座っている客から驚かれることもあるようだ。その時よく言われるのが「えっ、Aさんでも電車に乗るんですか?」というセリフだという。

 Aは「そりゃあ、芸能人だって電車ぐらい乗りますよ。新幹線だってグリーン車に乗るわけでもないし、普通車に乗ります。なんで芸能人=金持ち・浪費家ってイメージがあるんですかね」と苦笑した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング