とうきびモナカ、コシヒカリソフト… 注目のご当地アイス4選

NEWSポストセブン / 2019年8月23日 7時0分

見た目もとうもろこしそのままのとうきびアイス

 夏のスイーツと言えばやっぱりアイス。SNS全盛の今は“映える”おしゃれなアイスも人気だが、その一方で長らく地元で愛される“ローカルアイス”にも注目が集まっている。そこで、人気のご当地アイスを紹介しよう。

■北海道『北海道とうきびアイスモナカ』

 甘みが強い「北海道産ハニーバンダム」の自然な風味を損なわないよう特殊加工で粉末にし、コクのある冷製コーンポタージュのような上品な味わいに。粒の細部まで見事に再現されたモナカのビジュアルは本物のとうもろこしと見間違えるほど。204円/さくら食品

■新潟県『コシヒカリソフトクリーム』

コクのあるミルク風味のバニラアイスは、大ボリュームながら、さっぱりしていてパクパクあっという間に食べられる。凍らせた米粒入りで、独特の食感を楽しめる。260円/さかたや

■広島県『巴屋アイスもなか』

 厳選されたもち米を使い、「蒸す・つく・焼く」の全工程を自社工場で行う本格モナカは香ばしくパリパリ。クリーミーなアイスを包み、パリッ、トロッのハーモニーが口に広がる。全17種類(写真は左から、ミルク、黒ゴマ、小豆、抹茶、レモン)。ミルク129円、他各140円(ネット販売価格)/巴屋

■和歌山県『グリーンソフト』

 江戸・安政元年(1854)創業のお茶専門店が、世界で初めて作ったという抹茶ソフトクリームは、国産茶葉を100%使用。石臼で丁寧にひいた抹茶を、渋みは抑えつつ本来の色、風味を損なうことなく、さっぱりした甘さに。店頭では軟らかいグリーンソフトも販売。180円(お取り寄せは10個~(離島などは一部お届けできない地域あり))/玉林園

撮影/菅井淳子

※女性セブン2019年9月5日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング