中国人「日本のAV女優も愛するが、釣魚島はもっと愛する」

NEWSポストセブン / 2012年9月20日 7時0分

 尖閣諸島の国有化に対して先鋭化した中国各地での反日暴動デモ。暴力や略奪行為などに報道の焦点があてられがちだったが、参加者たちの思いは人それぞれだったようだ。ジャーナリストの相馬勝氏が現地で見た参加者たちのプラカードから彼らの思いをレポートする。

 * * *
「日本のAV女優も愛するが、釣魚島(尖閣諸島)はもっと愛する」――。

 香港や中国大陸のデモでは信じられないようなスローガンが掲げられていた。

「野蛮田佳彦、強盗め、早く尖閣諸島を返せ!」――。これは、野田首相の名前をもじったスローガン。

 香港紙『リンゴ日報』が報じたところによると、大陸各地では、さらに笑えるスローガンが掲げられていたという。

「3000人の兵士を得れば、尖閣諸島を取り戻してみせる。500人の腐敗役人を預けてくれれば、日本を食い潰すことを保証する」

 これは、中国にはいかに腐敗がひどいかを物語っている。

 9月18日は満州事変の発端となった柳条湖事件の記念日だったが、こんなスローガンも。

「柳条湖事件は毎年記念するが、6月4日は」

 6月4日はご存じ、天安門事件の記念日。

「医療保険も社会保険もないが、心のなかには釣魚島がある」

「政府は年金保険を実現する気はないが、釣魚島を取り返す気はあるようだ」

「人権や物権はなくても、釣魚島には主権がある」

「労働改造所を廃止して、取り戻した釣魚島を労働改造所にしろ」

 などなど、いずれも中国政府を痛烈に批判するものばかり。

 少なからぬ民衆が反日デモを、政府への不満を吐き出す場にしていることがこうしたプラカードの文言に如実に表れている。



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング