来春小学校進学の悠仁様 学習院へ進まれずお茶の水の可能性

NEWSポストセブン / 2012年9月23日 16時0分

 来春、小学校へ入学される秋篠宮家の長男・悠仁さま(6才)。現在は、紀子さま(46才)が望まれたお茶の水女子大学附属幼稚園に通う毎日だ。

 今年、年長組になられた悠仁さまは、来春には小学校に入学されるが、いまだに学習院初等科に進まれるという話は聞こえてこないため、このままお茶の水女子大学附属小学校へ進学される可能性が高いといわれている。

「秋篠宮ご夫妻は、保護者や幼稚園の協力でプライバシーが守られ、落ち着いて教育を受けられるお茶の水の環境がお気に入りだそうです。多くの保護者たちから協力が得られているのは、紀子さまの普段からの努力があってこそだと思いますよ」(幼稚園関係者)

 “紀子さまの努力”とは、ママ友たちとのかかわり合い方にあった。悠仁さまが入園された当初、ママ友たちからは紀子さまを特別視する雰囲気があったという。しかし紀子さまは、そんな雰囲気を自ら取り払われようと努力されたという。

「運動会では親子で一緒に行う『はとぽっぽ体操』というプログラムがあるんですけど、紀子さまは妃殿下というお立場であるにもかかわらず、他のお母さんたちと同じように参加されていました」(前出・幼稚園関係者)

 同幼稚園では、毎年10月に恒例のバザーが行われる。このバザーは保護者が作った品物を売って、その売り上げを幼稚園に寄付するというもの。

「昨年までのバザーでは、紀子さまは、ご公務でお忙しい合間を縫って、お手製のエプロンや女の子の髪飾りを作ってきてくださったんです。しかも、その品々はとても丁寧に作られていて、誰もが“プロ級だ”と舌を巻くほどで、本当に頭が下がる思いでした」(前出・幼稚園関係者)

 そして今年は、この催しをバックアップするバザー委員を自ら買って出られたという。

「バザー委員になると、商品を作ってきてくれる保護者たちに布を裁断して配ったり、できあがってきた品を仕分けしたりと結構忙しいんです。直前になれば、ほぼ毎日のように集まらなければなりません。紀子さまはお忙しいにもかかわらず、それでも参加してくださって、有り難いことです」(別の幼稚園関係者)

 紀子さまのママ友たちとの交流はバザーだけにとどまらない。

「紀子さまは、幼稚園の玄関前の落ち葉掃きや園内の草むしりなど、時間を見つけては積極的に参加してくださっています。隅から隅までいつも完璧にやっていただいて、そんなお姿にママ友たちは驚くばかりだそうです」(前出・幼稚園関係者)

※女性セブン2012年10月4日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング