男性器の膨張率 米国人の2.6倍に対し日本人3.6倍で固さも上

NEWSポストセブン / 2012年9月22日 16時1分

 案外語られざるもの、その代表のひとつといえそうなのが「男性器=ペニス」である。自分の持ち物でありながら、いやだからこそ、そのメカニズムを深く知ろうとはしないという男性は多い。我々は、我々自身であるところの男性器のことを本当にわかっているだろうか。専門家の知見とデータに耳を傾けてみよう。

●日本人の平均サイズは?
 宋美玄著『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』によれば、日本人のペニスの平均的なサイズは、勃起していない状態で長さ8.5センチ、周囲の長さ8.6センチとされている。対して欧米人の平均は長さ9.5センチ、周囲の長さ9センチ。

●日本人の膨張率は「欧米人以上」って本当?
 日本人の特徴は「膨張率」。「弛緩時と勃起時のサイズを比較すると、アメリカ人の膨張率が2・6倍なのに対し、日本人は3.5倍です」(宋医師)

●欧米人よりアジア人のほうがペニスは固い?
「医師の間では欧米人のペニスより日本はじめ東アジア人のペニスのほうが勃起時に固くなるという意見が多い」(宋医師)

●世界一ペニスの大きい国はどこ?
 スペインの医療機器メーカー「アンドロメディカル」の世界17か国の平均ペニスサイズ調査によれば、1位はフランスで16センチ(勃起時のサイズ)だった。

●世界一ペニスの小さい国はどこ?
 同調査では最下位は韓国で9.6センチ。ちなみに日本は13センチで10位。

※週刊ポスト2012年10月5日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング