ジャニー氏の独創的な命名、「たのきん」が浸透していった軌跡

NEWSポストセブン / 2019年9月8日 16時0分

「たのきんトリオ」は、ジャニー喜多川氏の独創的なネーミングセンスがいかんなく発揮された例

 9月4日、ジャニーズ事務所の創業者であるジャニー喜多川氏の「お別れの会」が東京ドームで開かれた。現役所属タレント、OB、関係者、ファン合わせて約9万1500人を集め、故人の人望の厚さを窺わせた。

 ジャニー氏は「シブがき隊」、「光GENJI」、「SMAP」など独創的なグループ名を幾多も生み出してきた。その命名の歴史において、厳密なグループ名とは少し異なるが、異彩を放っているのが、1980年の「たのきんトリオ」だ。

 1979年、ドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)の生徒役オーディションで田原俊彦、近藤真彦、野村義男の3人が合格する。金曜夜8時の同時間帯には視聴率25%を超える『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)があったため、当初は局内の期待も薄かった。しかし、10月26日に放送が始まると、回を重ねるごとに視聴率が上昇していき、彼らの人気にも火がついた。

 10代女性を読者層にする雑誌『週刊セブンティーン』は『金八先生』を精力的に扱った。1980年2月5日号では近藤真彦、鶴見辰吾、田原俊彦、野村義男の順番で4人の特集が組まれ、リード文には〈ユニークなキャラクターで人気上昇中の悪ガキ4人組〉と書かれている。その後、鶴見を除いた3人の特集にシフトしていき、誌面で“悪ガキトリオ”と呼ばれた。

 この例からもわかるように、ジャニー氏が3人をグループとして選抜したわけではない。『金八先生』の柳井満プロデューサーがオーディションで抜擢し、ドラマを契機に人気を集め、偶発的にトリオとして括られた。そのため、名前が定まっていなかったのだ。当時の記事を読むと、よくわかる。

〈三人ともジャニーズ・プロの所属だが、初めからトリオで売り出したわけではなく、これといった特徴もないのに、「金八」が終わる三月ごろから急に人気が出始め、“新々御三家”と呼ばれるようになった〉(読売新聞夕刊・1980年5月12日付)

 他にも“金八トリオ”(*1)、“太陽っ子トリオ”(*2)、“三Bトリオ”(*3)など新聞や雑誌によって呼称はバラバラだった。

【*1:スポーツニッポン・1980年5月12日付、*2: 平凡・1980年7月号、*3:デイリースポーツ・1980年5月12日付】

『金八先生』は視聴率30%を超えて社会現象になり、3人は5月26日開始の学園ドラマ『ただいま放課後』(フジテレビ系)への出演も決まった。

 そして、『たのきん族』という愛称が5月11日、ドラマのロケ地である本厚木の東京工芸大学グラウンドで行なわれた番組イベント『放課後青空カーニバル』で発表される。しかし、ファンは戸惑いを見せていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング