2393名早期退職応募のNEC 「リストラ面談」の生々しい様子

NEWSポストセブン / 2012年9月25日 7時0分

 グループ全体で「1万人規模の人員削減」を掲げるNECは8月28日、早期希望退職制度に正社員2393名が応募したことを発表した。

 実際の「リストラ面談」はどのように行なわれているのか。NECグループ社員は、面談の様子をこう語る。

「1回目の面談では、退職金の積み増しについて『2年分の給料をもらえる権利がある』、2回目には『うちの会社で働かないことを考えてみないか』など、台詞のような言い回しを繰り返してきた。

 怖いと思ったのが、『とりあえず転進支援コーナーに行って相談してみたら?』という言い方で、行った人間は『転職の意図あり』とみなされ、結果的にみんな辞めていった」

 NECと同じく1万人の人員削減を実行中のリコーのケースを見ていこう。

 管理職ユニオンが作成した、技術者数人に対する退職勧奨面談記録によると、退職勧奨は早期希望退職よりも厳しい措置のため、より強い文言が使われていた。

〈今後、あなたの仕事がなくなります。これは会社の決定事項です。社外での活躍をお勧めします〉

〈今後与えられる仕事は、派遣社員でも可能な単純作業になります。また、ブルーカラーの職種になる可能性もあります〉

〈給与体系が見直されて降格し、給料が下がる可能性もあります〉

 技術者としてのプライドを傷つけられ、「会社の求めに応じて退職し、転職先を見つけたほうが得かもしれない」と弱気になる人が続出したという。

※週刊ポスト2012年10月5日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング