雅子さま 来春くらいに「即位に際しての会見」を行えるか

NEWSポストセブン / 2019年9月19日 16時0分

快復に向かわれている雅子さま(撮影/JMPA)

 雅子さま(55才)が記者会見に臨まれたのは、2002年12月5日が最後だ。実に16年も前のことになる。お誕生日および、ニュージーランドなどへの海外訪問に際して行われた会見だった。雅子さまは当時、こう率直な思いを語られていた。

《外国訪問をすることがなかなか難しいという状況は、正直申しまして私自身その状況に適応することになかなか大きな努力が要ったということがございます。(中略)愛子が誕生いたしまして、今年、関係者の尽力によりましてニュージーランドとオーストラリアという2か国を訪問させていただくことができることになりましたことを本当に有り難いことと思っております》

 翌2003年12月、雅子さまが緊急入院。2004年には「適応障害」が公表された。

「会見の内容を受け、お世継ぎを期待されている状況の中、“男児を産むよりも、自分が行きたい海外訪問が大事なのか”といった批判がなされました。その後、適応障害を発症されたのも、会見が重圧になったのではないかとの指摘もありました」(皇室ジャーナリスト)

 肉声はそれ以来、国民の耳には届いていない。

「だからこそ、即位に際しての会見に待望論が出るのでしょう。平成時代を見ると、上皇上皇后陛下が即位に関する会見を行われたのは平成元年8月です。『即位礼正殿の儀』や『大嘗祭』(ともに平成2年11月)よりも前に行われたことになります。それを参考にすれば、天皇皇后両陛下もいつ会見を開かれても不思議ではありません」(宮内庁関係者)

 女性皇族の方々はたびたび会見で、その声を国民に届けられてきた。ご結婚、ご出産、外国訪問、さらには、ご自身のお誕生日に際しても会見を行われることがあった。

「皇太子妃のお立場で誕生日会見を始められたのは、美智子さまです。雅子さまもそれにならい、2002年に療養されるまでは誕生日会見を単独で行ってこられました」(前出・皇室ジャーナリスト)

 美智子さまが皇后となられてからは、誕生日には文書にてお気持ちを発表されてきた。ただ、事あるごとに積極的に会見も続けてこられた。

「海外訪問時やご結婚50年の節目などに両陛下そろって会見に臨まれてきました。ここ10年ほどは行っておらず、会見をされている印象が強くないのかもしれませんが、美智子さまは平成時代に計16回の会見を行っています」(前出・皇室ジャーナリスト)

 その背景には、「開かれた皇室」を目指す上皇陛下のお考えがあったという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング