香港でデモ隊を攻撃した白シャツ集団 「三合会」とは何者か

NEWSポストセブン / 2019年9月14日 16時0分

黒シャツ姿の香港デモ参加者たち(dpa/時事通信フォト)

 香港で大規模デモが発生してから3か月以上が過ぎた。この間、一部では警察との間で激しい衝突が起き、7月には、黒シャツ姿のデモ隊に「白シャツ集団」がカウンター攻撃を仕掛けるという事件も発生した。デモ隊に激しい暴力を振るった白シャツ集団とは何者なのか。歴史作家の島崎晋氏がその素性を解き明かす。

 * * *
 逃亡犯条例改正案を巡って起きた香港の騒動は、香港政府が条例案を撤回したことで一つの山を越えたようだが、黒シャツで統一したデモ隊に対して暴力を振るった白シャツ集団については記憶に新しいかと思う。彼らの素性については、「三合会」という組織のメンバーであることが報道された。では、そもそも三合会とは何者なのか。

 三合会とは日本で言う暴力団、シチリアで言うマフィアにあたる裏社会のなかの一組織。主な資金源は麻薬取引、密輸、人身売買、カジノやナイトクラブの経営、ショバ代などになる。蛇頭(スネークヘッド)と呼ばれる密航や陸路での密出国の手配も彼らの活動の一部で、1989年の天安門事件に際し、学生指導者たちの海外逃亡を手助けしたのも彼らだと言われている。目先の金銭目的ではなく、現体制がひっくり返された場合に備えての保険、あるいは先行投資としての目的もあるのだろう。

 彼ら裏社会は秘密結社に分類されることもある。中国の秘密結社と言えば、青幇(チンパン)と紅幇(ホンパン)の二大系統からなり、後者は洪門、紅門、洪幇とも呼ばれる。青幇は黄河と長江を結ぶ大運河の水運・荷役労働者の中から生まれた、仏教色を帯びた互助組織に由来する。水上輸送が大運河から海運へ移行するに伴い、上海や天津の租界に流れ込んで裏社会を仕切るようになったのだが、一方の紅幇は移民社会の中から生まれた。

 台湾の天地会、四川省の哥老会、広州から香港にかけての珠江デルタ地帯で生まれた三合会などはみな紅幇の系統に属する。名前こそ違えども始祖伝説や内規はほぼ同じだ。本来の地縁血縁から切り離された人びとが、新天地で生き抜くために疑似家族関係を結んだことに始まり、当局がこれを危険視したことから地下への潜伏を余儀なくされ、やがて結成当初から「反清復明(満州族の天下を倒し、漢民族の天下を復活させる)」を目的に結成されたかのような伝説が創作された。

 細部に多少の違いはあるが、大筋はほぼいっしょで、伝説の始まりは武術で名高い嵩山少林寺(すうざんしょうりんじ)の兄弟組織という触れ込みの、福建省にあったとされる南派少林寺にある。そこが冤罪を着せられ官軍に焼き討ちされた際、落ち延びた戦闘僧たちがたまたま明帝室の末裔に出会い、反清復明の秘密結社を組織したというものである。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング