世界最高齢の父親はインド人94歳男性 50代女性との間に男児

NEWSポストセブン / 2012年9月30日 16時0分

 男性器には様々なミステリーが存在する。時に「オナニーをし過ぎるとバカになる」などがあるが、果たしてこれは事実なのか。医学の観点から男性器に対する3つの疑問にお答えしよう。

●感度と年齢は関係する?
「ペニスの感覚については、これまで調査がほとんどない。ただし、皮膚の触覚は年齢とともに減ってくるうえ、加齢で皮膚が萎縮するので、感覚を感じるセンサーが減ってくる可能性は高い」(川崎医科大学泌尿器科学教室教授・永井敦氏)

●射精しすぎは体に悪い?
 全くのウソ。セックスやオナニーの回数が減ると、精巣は精子を作るのを休んでしまう。「精子の寿命は3日から1週間ほど。頻繁に射精をしないと生産量は落ち込む」(浜松町第一クリニック・竹越昭彦院長)

●子供を作った男の最年長記録は?
 2010年にインド北部ハリヤーナー州に住む94歳男性が50代女性との間に男児をもうけ、「世界最高齢の父親」となった。

※週刊ポスト2012年10月5日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング