息子に身長抜かれ「戦ったら負けそう」とパニックになる父親

NEWSポストセブン / 2012年9月27日 7時0分

 親にとって子供の成長は無条件に嬉しいはずだが、場合によってはそうでもないこともあるという。栃木県に住む介護ヘルパーの女性・Uさん(43才)の夫は、息子が成長になんだかヘンな反応を示したという。夫に何が起こったか?

 * * *
 高校2年生の息子の身長が180cm超えしたころから夫がヘンなの。食事中もブス~っとしていて息子が話しかけても顔をあげず「ああ」とか「おう」とか。

 ワケを聞くと「そんなことないッ」とイラつかれるから放っておいたんだけどね。先日、ひょんなことから夫の小さな胸の内がわかっちゃった。

 息子が3日も続けて学校をサボってたことが発覚したの。ま、私にも覚えがあることだから、一応、夫の耳にもいれておいたほうがいいかな、くらいの気持ちで話したんだけどね。

 みるみる顔色が変わっちゃって「おいっ! どうするんだよ」ってパニック。「どうするもこうするもパパの意見を言えばいいじゃん」と言うと急にオドオドして「オレは知らないことにしちゃダメか? 切れられたらどうするんだ。オレは対応できないぞ」

 要は自分の身長を超した息子と取っ組み合いになったら負けそうだってことなの。思わず、「男親でしょ。何言ってるの」って怒鳴ったわよ。そしたら、「よし、ビシーッと言うからな。オレのそばから離れるな。で、オレが目配せしたら間に入れ」なんて、決死の覚悟って感じ。

 そして息子を座らせる席を決め、怒り文句をああだこうだと練習しだしたんだから。

「『いいからそこに座れ』って、これでどうだ?」
「声、ひっくり返ってる。低い声のほうが感じ出るよ」
「『い、い、いいから』ってこのくらい、か?」

 まるでコントだわよ。

※女性セブン2012年10月11日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング