生活保護費バッシングに対し精神科医が真っ向から反論した本

NEWSポストセブン / 2012年10月1日 16時1分

【書籍紹介】『テレビの金持ち目線 「生活保護」を叩いて得をするのは誰か』(和田秀樹/ベスト新書/820円)

 ある芸人の「不正受給」の話題を機に、生活保護費へのバッシングが進んだ。だが著者はその点に真っ向から反論。諸外国に比べ日本の受給者比率が極端に低い事実、今後の未来のためにも絶対必要など、知られざる生活保護の実態を多角的にかつ熱く語る。

※週刊ポスト2012年10月12日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング