「ミス東大」候補・深澤胡桃さん 母校で唯一の東大現役合格

NEWSポストセブン / 2012年10月4日 7時0分

写真

「ミス東大」候補・深澤胡桃さん(20)

 才色兼備の女子大生たちが集まる名門大学のミスコンテスト。ミス慶応やミス上智など、女子アナの登竜門として注目が集まっているが、東京大学だって負けてはいない。

 11月25日(日)の第63回駒場祭の最終日には、「ミスコンテスト」が開催される。インターネットからの一般投票もできることで話題となっているが、今回はそのファイナリストの一人、文学部3年の深澤胡桃さん(20歳)のQ&Aを紹介しよう。

Q:専攻は?
A:英語英米文学。英文学・米文学・言語学の基礎を学んでいます。

Q:最近読んだ本
A:『The Awakening』(Kate Chopin著)はジェンダーをテーマに女性の新しい生き方を描いた19世紀の小説。『Waverley』(Walter Schott著)はイギリスのバラッド小説です。

Q:所属サークル
A:創作ダンスのサークルで副代表を務めています。ジャンルはガールズ・ヒップホップで、構成や選曲を担当。

Q:尊敬する人
A:両親。1人暮らしを始めてからというもの、論理的な父と生活力のある母の大きさを実感しています。

Q:座右の銘
A:「自由に生きる」

【プロフィール】
●ふかざわ・くるみ(20歳):文学部言語文化学科3年。東京都出身。身長160cm。O型。2人姉弟の姉で、父は東大OB。中高一貫校の富士見中学高校出身。高校時代は趣味ごとを我慢し、勉強に専念。その年、母校で唯一の東大現役合格を果たした。

撮影■渡辺達生

※週刊ポスト2012年10月12日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング