とくダネ! リストラ続出で「小倉さん作った王国壊す布石」

NEWSポストセブン / 2012年10月4日 7時0分

 これはもはやリニューアルというより「大粛清」だ。フジテレビの朝の情報番組『とくダネ!』が、10月改編を機に、コメンテーター陣を一斉にリストラしてしまったのである。

 ピーコ、高木美保、しょこたんこと中川翔子、そして眞鍋かをり――。『とくダネ!』といえばあの人、とすぐ思い浮かぶ面々が一斉に番組から姿を消す。フジテレビ関係者がいう。

「別にコメンテーターに辞めてもらうのを隠しているわけではないが、目立たないようにしているのは本当でしょうね。ピーコさんや高木さんは番組の中で、“今日で卒業です”と挨拶したが、眞鍋さんは突発的なニュースが入った日ということもあって、最後の挨拶すらできなかった」

 残るコメンテーターはごくわずか。海外ゴシップに詳しく、なんだかんだいって華のあるデーブ・スペクターと、小倉智昭のお気に入りの天気予報士のアマタツ(天達武史氏)、番組がなくなっても同じ場所に居座っていそうな前田忠明氏はやはり残留という。

「表面上はリニューアルということになっているが、代わりに目玉となるタレントや文化人が入るわけでもない。要はタレントのギャラを抑えて制作費を圧縮することが目的ですよ」(同前)

 ご存じの通り、かつて民放の雄といわれたフジテレビは不振にあえいでいる。

 視聴率は日テレ、テレ朝のはるか後塵を拝し、コストカットに歯止めがかからない。『とくダネ!』も例外ではなく、最近では同じ時間帯のライバルである『スッキリ!』(日本テレビ系)に惨敗していた。

 別の情報番組スタッフは、これは『とくダネ!』終了の序章だと断じる。

「中野美奈子アナの後釜として菊川怜が鳴り物入りで加わったが、視聴率も上がらず、局内からは“自局のアナを使ったほうがよかったのでは”とブーイングを受けている。すでに社内では、小倉(智昭)さんを降ろすという話も出てきていますからね。今回のメンバー刷新は小倉さんが作ってきた『とくダネ!』王国を壊そうという布石だと思います」

※週刊ポスト2012年10月12日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング