急逝した金子哲雄さん 手作り名刺で芸能人から評判だった

NEWSポストセブン / 2012年10月2日 20時34分

『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)などバラエティー番組などでのわかりやすい解説でおなじみだった流通ジャーナリストの金子哲雄さんが2日、肺カルチノイドのため亡くなった。41才だった。人なつっこい性格で、誰からも愛された金子さん。『女性セブン』2011年1月6・13日号から、金子さんの人柄を偲ばせるエピソードを紹介します。

 * * *
 2010年はテレビ局からの出演オファーが相次ぎ大ブレイクした人といえば、流通ジャーナリスト・金子哲雄さん(39)。現在、出演するテレビ番組はレギュラー4本と超売れっ子となった。
 
 そんな金子さんのある持ち物が「すごいインパクト」と共演する芸能人の間で評判になっている。それは手作りの“週替わり名刺”。
 
 通常、名刺といえば、記載されているのは「名前」と「連絡先」。しかし、金子さんの名刺はそれにくわえ、自身の顔の「イラスト」、月ごとに書き換える「プロフィール」、そして週ごとに書き換える「メディアへの出演予定」を記載。通常サイズでは書き込みきれないため、通常の名刺より横が2倍長い紙に印刷して、半分に折って名刺サイズにしている。

「毎週日曜日に15分かけて、自分のパソコンで打ち込んで作っています。1枚2円で、200枚を作ります。1か月1600円でできるから安いもんですよ」(金子さん)

 評判を聞いて、金子さんの名刺をもらいにくる芸能人もいるという。

※女性セブン2011年1月6・13日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング