「命を守る行動を…」視聴者の心に刺さったアナウンサー3人

NEWSポストセブン / 2019年10月21日 7時0分

視聴者からの評価は高かった(番組より)

 各地で観測史上最高雨量を記録した台風19号は、70人を超える犠牲者を出し、全国50以上の河川を氾濫、決壊させるなど甚大な被害をもたらした。

 降雨量や河川の水位などの状況が刻々と変化する中、リアルタイムで経過を伝えるテレビの災害報道は、視聴者の重要な情報源となる。特に、番組の“顔”であるアナウンサーの重要性は大きい。台風19号では「命を守る行動を」との呼びかけが印象深い。

 視聴者から評価の声が多かったのが、10月12日深夜から翌朝にかけて特別番組に断続的に出演したNHKの高瀬耕造アナだ。決壊の情報を伝える際に「必ず助けは来ますので、どうぞ諦めずに、救助を待ち続けてください」と冷静に語りかけた。

 報道の最前線で長年活躍し、「大学在学時に伊勢湾台風の被災地を取材した」と語る元フジテレビアナウンサーの露木茂氏は、高瀬アナを評価する。

「終始落ち着いたトーンで、気象予報士や現場レポーターの報告を遮ることなく、刻々と更新される氾濫情報を伝えていました。報道姿勢として最も大切な“正確に事実を淡々と伝える”ことができていたと思います。

 災害発生中の特別番組で大事なのは、キャスターが“事態の推移”を把握しておくこと。高瀬アナの場合、技術の問題だけではなく、長時間キャスターを務めたことが、視聴者の『不安な心が落ち着いた』という評価に繋がったのでしょう」

 12日夜の『ニュースキャスター』に出演したTBSの安住紳一郎アナは、ホワイトボードに自ら手書きした地図を持って情報を伝えた。また、これから就寝する視聴者を意識して「時間をまめに刻んで寝起きして情報の確認を」と呼びかけた。

「全国ネットでは台風が通過した地域で見る人、これから接近する地域で見る人など、色々な状況で番組を見ている人がいます。被害の“今”を伝えるだけでなく“今後起こり得る状況”にも目を向けた点で評価できます」(露木氏)

 女子アナでは、フジの4年目・永尾亜子アナが、普段より薄いメイクで報じ、「被害地域への配慮が好感を持てた」との声があった。

「そうした配慮は当然のことですが、若手アナは、災害報道の緊迫感や初めて目にする地名が多いことから読み間違えるケースも少なくない中で、よく健闘したと思います」(露木氏)

 大先輩の教えを今後の災害報道にも活かしてほしい。

※週刊ポスト2019年11月1日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング