路上の車から拳銃や武器多数 マフィアによる香港デモ襲撃用か

NEWSポストセブン / 2019年10月23日 7時0分

反政府デモとの関係は?

 中国広東省深セン市と深セン湾をはさんだ香港新界地域の元朗地区流浮山の路上に駐車していた乗用車の中から、拳銃1丁と弾薬が入った弾倉4個、斧1つ、ナイフ4つ、金属製のこん棒が見つかっていたことが分かった。警察の調べでは、車は盗難車で、2017年12月に盗難届が出されているが、この車のナンバーや所有者の届け出は実在しないものだったことから、警察では車は犯罪組織の一員が使っていたのではないかとの見方を強めている。

 香港では反政府デモに参加している若者らを襲撃する白いTシャツ集団の暴行行為が問題になっているが、実は彼らは中国当局から雇われた香港や中国のマフィアではないかとみられている。この車のなかにあった拳銃なども、デモ隊を襲撃するために準備されたとの疑いがあるという。香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じた。

 この謎の車が見つかったのは10月9日で、発見場所付近の住民が「以前から不審な車が駐車している」と警察に届け出た。警察官が調べたところ、車の内部から拳銃などが見つかった。警察がさらに詳しく調べたところ盗難車と判明し、ナンバーや車検証などはすべて偽造だったことも分かった。

 鑑識課の専門家が調べたところでは、拳銃はモデルガンの改造銃で、香港や中国本土のマフィア組織が良く使っているものと似ており、これまで犯罪に使われたことはないことも判明。また、ナイフや斧、金属製のこん棒も新品で、血痕などはなかったという。

 発見された元朗地区は中国の深セン市と目の鼻の先であるとともに、香港マフィアの組織が拠点にしている地区でもあることから、「三合会」と呼ばれるマフィア組織が関係しているのは間違いないと香港警察は見ているようだ。

 警察では今年9月に香港の鉄道路線(MTR)の駅で、謎の「白Tシャツ集団」が反政府デモ参加者を襲撃し、こん棒などで殴打し、数人にケガを負わせた事件との関連を調べている。仮に、デモ騒ぎで拳銃やナイフなどが使われれば、殺人事件に発展しかねず、「警察ではマフィア組織の動きに神経を尖らせている」と香港メディアは報じている。

 香港では銃器の不法所持は最高で懲役14年、10万香港ドル(約140万円)の罰金となっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング