“天皇家の玄関”の意味合いある東京駅 非公開の貴賓室が存在

NEWSポストセブン / 2012年10月7日 16時0分

 10月1日、リニューアルオープンした東京駅。首都・東京の中心となる駅としてだけでなく「天皇家の玄関」の意味合いもあることから、実は天皇の貴賓室もある。どこにあるか、どんなものかは一切公開されていないが、1986年から1992年まで第17代東京駅長を務めた木下秀彰さん(79才)は、こう証言する。

「陛下、国賓、公賓は駅長がお迎えし、貴賓室へのご挨拶、電車までの先導も行います。お仕えする者と駅長しか通れない通路があって、陛下は松の間に、国賓・公賓は竹の間という貴賓室にご案内します。外国からも国王、大統領、主席などいろいろなかたをご案内しました」

 元JR東日本社長の松田昌士さん(76才)もこう証言する。

「天皇陛下のご案内は、JR東日本の社長がするのがしきたりなんです。その前を駅長が白い制服で颯爽と先導するわけです。JRの敷地内で何かあれば、全責任は社長の責任ですから、ご案内する時に、体を張ってお守りしなければと、緊張したのを覚えています。貴賓室もよくお使いになっていらっしゃいました」

 JR東日本に聞くと、「たとえあったとしても、機密事項ですので、お答えできません」(広報部)という回答だった。

 また、東京駅ならではの「都市伝説」もある。中でも知られているのが「秘密の地下道」だ。いわく「皇居からまっすぐに東京駅に続く地下道がある」

 その地下道の存在の真偽は不明だが、丸の内南口の東京中央郵便局と地下通路でつながっていたのは事実だ。鉄道研究家の松本典久さんが語る。

「かつては旅客列車に郵便車と荷物車を連結して運んでいました。そのため郵便や荷物を運びやすいように地下通路でつないでいたんです。今は郵便には使われていませんが、地下道があるのは事実です」

※女性セブン2012年10月18日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング